ホーム > 報道発表資料 > 米国からの家きん、家きん肉等の輸入一時停止措置の一部解除について


ここから本文です。

プレスリリース

平成18年9月15日
農林水産省

 

米国からの家きん、家きん肉等の輸入一時停止措置の一部解除について

  1. 米国からの家きん、家きん肉等については、鳥インフルエンザが発生した場合には、原則として全米を対象に輸入停止措置を講ずる一方、当該発生が弱毒タイプのものであることが確認された場合には、当該発生州ごとの輸入停止措置を講じているところである。
  2. 米国ニューヨーク州からの家きん肉等については、同州における弱毒タイプの高病原性鳥インフルエンザ(血清亜型H7N2)の発生により、平成17年6月9日付けで輸入停止措置を講じた。
  3. 今般、米国家畜衛生当局からの情報により、当該州における清浄性を確認したことから、当該州に対する家きん肉等の輸入停止措置を本日付けで解除することとし、関係機関に通知した。
  4. なお、弱毒タイプの鳥インフルエンザの清浄性が確認されていないコネチカット州及びペンシルバニア州に対する輸入停止措置は継続する。

 

関連資料:米国からの家きん肉等の一時輸入停止措置について

 

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課国際衛生対策室
 担当:熊谷、山木
 代表:03-3502-8111(内線3191、3193)
 直通:03-3502-8295

電話番号が変わりました。新しい連絡先はこちらからお調べください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図