ホーム > 報道発表資料 > 欧州植物品種庁との植物新品種に関する審査協力協定の締結について


ここから本文です。

プレスリリース

平成18年11月10日
農林水産省

 

欧州植物品種庁との植物新品種に関する審査協力協定の締結について

 農林水産省生産局と欧州植物品種庁との間で、植物新品種の審査協力に関する協定を締結することとなりましたので、お知らせします。

1. 説明

(1) 我が国は、種苗法に基づき植物新品種の育成者に育成者権を付与し、その保護に取り組んでいますが、近年、出願数が急増し(EU、米国に次いで世界第3位)、効率的な審査を行っていくことが必要となっています。

(2) このため、国際間の審査の効率化を目的として、欧州植物品種庁との間で審査報告書の相互利用をはじめ、情報交換や専門家の交流等の促進を内容とする審査協力協定を締結することとしました。審査報告書の相互利用については、当面、バラ(切花用品種に限る)、ペチュニア及びカリブラコアについて進めることとしています。

(3) これにより、栽培試験の省略等の審査の効率化が図られ、育成者権の早期付与に貢献できると考えています。

2. 審査協力協定の締結

(1) 協定締結日時

平成18年11月17日(金曜日)15時30分~16時30分

(2) 署名者

欧州植物品種庁長官 Bart KIEWIET
農林水産省生産局長 西川  孝一

(3) 協定締結場所

農林水産省 第2特別会議室(本館4階)
東京都千代田区霞が関1丁目2番1号

(4) 協定内容

 [1] 審査結果の相互利用の推進
 [2] 情報の交換
 [3] 研修・専門家交流等の協力

 

 

お問い合わせ先

生産局種苗課
  担当:小平、石川
  代表:03(3502)8111 内線3728、3729
  直通: 03(3592)0305

電話番号が変わりました。新しい連絡先はこちらからお調べください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図