ホーム > 報道発表資料 > 平成18年国内産米穀のカドミウム含有状況の調査結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成18年12月15日
農林水産省

 

平成18年国内産米穀のカドミウム含有状況の調査結果について

 農林水産省では、「食品の安全性に関する有害化学物質のサーベイランス・モニタリング中期計画」(平成18年4月20日公表)に基づき、米穀のカドミウムに係るリスク管理を産地段階において的確に推進することを目的として、国内産米穀を対象にカドミウム含有状況の調査を実施しています。この度、平成18年産米穀の調査結果(PDF:20KB)を取りまとめましたので、お知らせします。

 本年度の調査では1,190点の分析を行いましたが、食品衛生法の基準である1.0ppm以上のカドミウムを含む米穀はありませんでした。また、0.4ppm以上1.0ppm未満のカドミウムを含むことが判明した米穀は3点ありましたが、これらは食品衛生法上違反とはならないものの、米穀出荷業者等により他の米穀と混ざらないよう保管され、工業用のりなどの非食用として適切に処理されますので、市場に流通することはありません。

 

お問い合わせ先

消費・安全局農産安全管理課
  調査官:新本英二(内線3116)
  課長補佐:瀬川雅裕(内線3126)
  担当:中島基貴(内線3115)
  代表:03-3502-8111
  直通:03-3502-5968

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

電話番号が変わりました。新しい連絡先はこちらからお調べください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図