ホーム > 報道発表資料 > 自然再生推進法に基づく自然再生事業の進捗状況の公表について


ここから本文です。

プレスリリース

平成19年3月30日
環境省
農林水産省
国土交通省

 

自然再生推進法に基づく自然再生事業の進捗状況の公表について

自然再生推進法に基づき、自然再生事業の進捗状況について公表します。

1. 概要

自然再生推進法(平成14年法律第148号)第13条第1項では、主務大臣は、毎年、自然再生事業の進捗状況を公表しなければならないこととされております。
また、同法に基づいて自然再生事業を実施しようとする者は、自然再生協議会を組織し、自然再生の対象となる区域や自然再生の目標等を定めた自然再生全体構想を作成した上で、自然再生事業の実施に関する計画(自然再生事業実施計画)を作成しなければならないこととされております。(別添「自然再生推進法の概要」参照)
平成18年度末までに、以下2表の通り、12の自然再生事業実施計画が作成され、主務大臣にその写しの送付があったことを受け、自然再生事業の進捗状況を以下のとおり公表します。

2. 自然再生事業の進捗状況について(平成19年3月30日現在)

自然再生事業実施計画の作成状況
実施計画名 実施主体 協議会名 作成日
樫原湿原地区自然再生事業実施計画 佐賀県くらし環境本部環境課 樫原湿原地区自然再生協議会 平成17年3月31日
神於山地区生活環境保全林自然再生事業実施計画 大阪府泉州農と緑の総合事務所、神於山保全くらぶ 神於山保全活用推進協議会 平成17年6月1日
釧路湿原自然再生事業土砂流入対策(沈砂池)実施計画(雪裡・幌呂地域) 国土交通省北海道開発局釧路開発建設部、鶴居村 釧路湿原自然再生協議会 平成18年1月31日
釧路湿原自然再生事業土砂流入対策(沈砂池)実施計画(南標茶地域) 国土交通省北海道開発局釧路開発建設部、標茶町、南標茶地区排水路維持管理組合 平成18年1月31日
釧路湿原達古武地域自然再生事業実施計画 環境相北海道地方環境事務所釧路自然環境事務所 平成18年2月28日
釧路湿原自然再生事業茅沼地区旧川復元実施計画 国土交通省北海道開発局釧路開発建設部 平成18年8月1日
釧路湿原自然再生事業土砂流入対策実施計画〔久著呂川〕 国土交通省北海道開発局釧路開発建設部、北海道釧路土木現業所 他 平成18年8月1日
上サロベツ自然再生事業 農業と湿原の共生に向けた自然再生実施計画(緩衝帯・沈砂池) 豊富町、サロベツ農事連絡会議、国土交通省北海道開発局稚内開発建設部 上サロベツ自然再生協議会 平成18年7月13日
野川第一・第二調節池地区自然再生事業実施計画 東京都建設局北多摩南部建設事務所 野川第一・第二調節池地区自然再生協議会 平成18年10月16日
森吉山麓高原自然再生事業実施計画 秋田県 森吉山麓高原自然再生協議会 平成18年10月20日
八幡湿原自然再生事業実施計画 広島県 八幡湿原自然再生協議会 平成18年10月30日
霞ヶ浦田村・沖宿・戸崎地区自然再生事業実施計画[A区間] 国土交通省霞ヶ浦河川事務所 霞ヶ浦田村・沖宿・戸崎地区自然再生協議会 平成18年11月27日


別添参考資料

 

お問い合わせ先

大臣官房環境政策課
  担当:落合弘、立川悟
  代表:03-3502-8111(内線2525,2519)
  直通:03-3502-8056

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

電話番号が変わりました。新しい連絡先はこちらからお調べください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図