ホーム > 報道発表資料 > 中国からの飼料用稲わらの輸入一時停止措置の解除について


ここから本文です。

プレスリリース

平成19年8月9日
農林水産省

 

中国からの飼料用稲わらの輸入一時停止措置の解除について

1. 中国からの飼料用稲わらについては、家畜衛生条件違反(加熱消毒不十分及び糞便混入等)があったこと等を受け、我が国への口蹄疫の侵入防止に万全を期すため、平成17年5月28日以降、輸入手続を一時停止する措置を講じていたところである。

2. 平成19年6月29日に開催された食料・農業・農村政策審議会消費・安全分科会家畜衛生部会牛豚等疾病小委員会において、下記条件の下で加熱消毒された飼料用稲わらについて、輸入手続の停止を解除して差し支えないとされた。

(条件)

3. このため、今般、日本向けに輸出される稲わらに対する中国検疫当局の監視体制及び加熱消毒施設(6施設)の調査を実施した結果、上記条件が遵守されていることを確認できたことから、日本向け飼料用稲わらの輸入一時停止措置を昨日付けで解除することとし、関係機関に通知した。

関連資料:
中国産稲わら等の輸入一時停止措置について

関連資料:
食料・農業・農村政策審議会消費・安全分科会家畜衛生部会 第7回牛豚等疾病小委員会の概要について

 

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課 国際衛生対策室
 担当:片貝、大野
 代表:03-3502-8111(内線4584)
 直通:03-3502-8295

電話番号が変わりました。新しい連絡先はこちらからお調べください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図