ホーム > 報道発表資料 > 日アセアン包括的経済連携協定交渉の大筋合意について(農林水産分野)


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年8月25日

農林水産省

 

日アセアン包括的経済連携協定交渉の大筋合意について(農林水産分野)

  1. 経過
    (1)日アセアン包括的経済連携協定(AJCEP)は、平成16年の日アセアン首脳会議の合意に基づき、平成17年4月に交渉を開始。これまで10回の交渉会合を開催。
    (2)8月25日の日アセアン経済大臣会合において、農林水産品の市場アクセスを含む主要分野で大筋合意。
  2. 合意の内容
    (1)アセアン各国(アセアン10カ国中、ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマーを除く6カ国)との間で既に発効又は署名した二国間EPA(経済連携協定)の合意内容を踏まえて交渉を行い、大筋合意に至ったもの。
    (2)我が国のセンシティブ品目については、関税撤廃の対象とはせずに、約束から除外するなど、十分な配慮を行った。 なお、アセアン各国からの関心が高いものについては、関税削減などの措置を行った。
    (3)個別品目の取扱いについては、別添(PDF:73KB)のとおり。
  3. 今後の予定
    協定案文等について協議を行い、本年11月の日アセアン首脳会談までの妥結を目指す。

お問い合わせ先

大臣官房国際部国際経済課(経済連携チーム)
担当:国際交渉官 岩濱
担当:国際専門官 三浦
代表:03-3502-8111(内線3474)
直通:03-3502-8089

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

電話番号が変わりました。新しい連絡先はこちらからお調べください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図