ホーム > 報道発表資料 > 中国産加熱処理肉の違反事例の摘発について


ここから本文です。

プレスリリース

平成18年3月24日
農林水産省

 

中国産加熱処理肉の違反事例の摘発について

1. 事実関係

(1) 中国産家きん肉については、我が国への鳥インフルエンザの侵入防止のため、我が国家畜衛生当局の指定する施設において、一定の加熱処理を満たす製品についてのみ、日本への輸入を認めている。

(2) 動物検疫所における輸入検査の際、加熱処理基準を満たさない違反事例を摘発した。概要については以下のとおり。

種類: 加熱処理家きん肉
用途: 食用
数量: 191箱(1,528kg)
指定施設:
(名称)上海大江肉食品二厂
(住所)中華人民共和国・上海市松江区玉樹路788
(登録番号)3100/03022

2. 対応

(1) 本日以降、当該施設から輸出される食肉等について、動物検疫所における輸入検疫証明書の発行を一時停止する。

(2) 中国家畜衛生当局に、当該措置を通知するとともに、改善・是正措置の報告を求めた。

 

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課
国際衛生対策室 検疫企画班
 代表:03-3502-8111(内線3190、3193)
 直通:03-3502-8295
 担当:川島、鎌川

電話番号が変わりました。新しい連絡先はこちらからお調べください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図