ホーム > 報道発表資料 > 農林水産省新型インフルエンザ対策本部の設置について


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年4月28日

農林水産省

農林水産省新型インフルエンザ対策本部の設置について

1.趣旨

WHOにおける「フェーズ4」宣言を踏まえ、本日、政府に「新型インフルエンザ対策本部」(以下「政府対策本部」という。)が設置されたところである。これを受け、各種の事態への対処のために必要な対応について迅速な意志決定を図るため、石破農林水産大臣を本部長とし、農林水産省の関係部局等より構成する「農林水産省新型インフルエンザ対策本部」(以下「省対策本部」という。)を設置する。

2.省対策本部の構成

1.対策本部の構成員は、次のとおりとする。本部長は、必要に応じて、構成員を追加することができる。

本部長            石破農林水産大臣

本部長代理    両副大臣

副本部長        両大臣政務官

構成員            事務次官、農林水産審議官、官房長、大臣官房総括審議官、

大臣官房総括審議官(国際)、大臣官房技術総括審議官、

統計部長、総合食料局長、消費・安全局長、生産局長、

経営局長、農村振興局長、農林水産技術会議事務局長、

林野庁長官、水産庁長官

事務局            大臣官房食料安全保障課

2.対策本部の庶務は、大臣官房食料安全保障課において処理する。

3.フェーズが改善した等の場合には、対策本部を廃止する。

3.取組事項

対策本部は、以下の事項に取り組むものとする。

1.農林水産省における新型インフルエンザ対策に関すること

2.その他

お問い合わせ先

大臣官房食料安全保障課
担当者:食料安全保障担当:郡、上野、宮下
代表:03-3502-8111(内線3804)
ダイヤルイン:03-6744-2368
FAX:03-6744-2396

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図