ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「不測時の食料安全保障マニュアル」の見直しについて


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年9月28日

農林水産省

「不測時の食料安全保障マニュアル」の見直しについて

農林水産省は、本日、「不測時の食料安全保障マニュアル」の見直しを行いました。

概要

   食料の供給に影響が及ぶおそれがある事態に的確に対処するため平成14年に策定した「不測時の食料安全保障マニュアル」につきまして、今般、震災、原発事故の教訓を将来に生かす観点から、見直すこととしました。

   見直しに当たっては、農林水産大臣を本部長とし、関係府省(内閣官房、内閣府、消費者庁、外務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、防衛省)の副大臣級を本部員とする「緊急時の食料安全保障に関する関係府省会合」で議論してきました。

    このたび、本会合での議論を踏まえ、「不測時の食料安全保障マニュアル」を再編し、「緊急事態食料安全保障指針」として決定しました。

    なお、これまでの「緊急時の食料安全保障に関する関係府省会合」の配付資料、議事概要及び議事録は、次のURLで御覧になれます。

「不測時の食料安全保障マニュアル」の見直しのポイント

震災、原発事故の教訓を将来に生かす観点から、「局地的・短期的事態編」を追加し、また、食料の安定供給に影響を与える可能性のある不安要因(リスク)の洗出しや国際的な連携などの見直しを行い、「緊急事態食料安全保障指針」として再編しました。

お問い合わせ先

大臣官房食料安全保障課
担当者:秋山、伴
代表:03-3502-8111(内線3804)
ダイヤルイン:03-6744-2368
FAX:03-6744-2396

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図