ホーム > 報道発表資料 > バイオマスタウン構想の公表(第27回)について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年6月30日

農林水産省

バイオマスタウン構想の公表(第27回)について

「バイオマスタウン構想」について、4町村が新たに策定した構想及び1市の構想の改訂を公表します。今回の公表により、全国のバイオマスタウン構想公表市町村数は151となりました。

■サミット会場である北海道洞爺湖に隣接する壮瞥町など4つの町村が新たにバイオマスタウンとなりました。

■「バイオマス・ニッポン総合戦略」で掲げている300市町村という目標値の過半数を超えました。

バイオマスタウン構想の公表は随時受け付けています。構想策定にあたりご不明な点などがございましたら、下記のお問い合わせ先までご連絡ください。

バイオマスタウン構想公表市町村名

【新規4件】

北海道猿払村(さるふつむら)

北海道壮瞥町(そうべつちょう)

北海道豊浦町(とようらちょう)

島根県吉賀町(よしかちょう)

【改訂1件】

群馬県太田市(おおたし)

(参考)バイオマスタウン構想とは

域内において、広く地域の関係者の連携の下、バイオマスの発生から利用までが効率的なプロセスで結ばれた総合的利活用システムが構築され、安定的かつ適正なバイオマス利活用が行われることを目指し、市町村等が作成する構想を「バイオマスタウン構想」といいます。

市町村等から公表の申請を受けたバイオマスタウン構想案は、関係する1府6省(内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省[事務局]、経済産業省、国土交通省、環境省)で構成するバイオマス・ニッポン総合戦略推進会議において基準に合致しているか検討された後、公表されます。

関連情報サイト等

【7月2日開催】全国バイオマスタウンサミットの開催について

農林水産省バイオマス・ニッポン

バイオマスタウン構想の募集について(PDF:48KB)

バイオマスタウン構想策定マニュアル

バイオマス情報ヘッドクォーター[外部リンク]

バイオマスタウンパンフレット[外部リンク]

 

お問い合わせ先

大臣官房環境バイオマス政策課バイオマス推進室
担当者:松尾、佐藤、宮崎
代表:03-3502-8111(内線3294)
ダイヤルイン:03-3502-8458
FAX:03-3502-8274

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図