ホーム > 報道発表資料 > 「農林漁業有機物資源のバイオ燃料の原材料としての利用の促進に関する法律」の施行について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年10月1日

農林水産省

「農林漁業有機物資源のバイオ燃料の原材料としての利用の促進に関する法律」の施行について

 「農林漁業有機物資源のバイオ燃料の原材料としての利用の促進に関する法律」(平成20年法律第45号。以下「農林漁業バイオ燃料法」といいます。)が第169回国会で成立し、平成20年5月28日に公布されました。これに伴い、関連する法令の整備等を行い、農林漁業バイオ燃料法が平成20年10月1日から施行されることとなりましたので、お知らせします。 

農林漁業バイオ燃料法の概要

農林漁業バイオ燃料法においては、

  1. 主務大臣(農林水産大臣、経済産業大臣、環境大臣(廃棄物の処理に関する事項))は、農林漁業有機物資源のバイオ燃料の原材料としての利用の促進に関する基本方針を定めること
  2. 農林漁業者等は、バイオ燃料製造業者と共同して、原材料生産からバイオ燃料の製造までの一連の行程の総合的な改善を図る事業に関する計画(生産製造連携事業計画)を作成し、主務大臣の認定を受けることができること
  3. 農林漁業有機物資源の生産やバイオ燃料の製造の高度化に資する研究開発事業を行おうとする者は、当該研究開発事業に関する計画(研究開発事業計画)を作成し、主務大臣の認定を受けることができること
  4. これらの計画を促進するため、種苗法の出願料等の減免、バイオ燃料製造施設に係る固定資産税の軽減等の法律上の特例を措置すること

が定めらています。

 施行に関連する事項

農林漁業バイオ燃料法の施行に伴い、

が本日から施行されました。

また、明日、10月2日には、

が告示される予定です。これにより、生産製造連携事業計画及び研究開発事業計画の申請が可能になります。

農林漁業バイオ燃料法に基づく計画の申請受付を始めます

農林水産省大臣官房環境バイオマス政策課において、生産製造連携事業計画及び研究開発事業計画の申請等を受け付けます。ご不明な点がございましたら、別紙の各担当部署にお問い合わせ下さい。

また、農林漁業バイオ燃料法関連HPを、本日より開設いたしますので以下のアドレスよりご覧下さい。
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/index.html

お問い合わせ先

大臣官房環境バイオマス政策課バイオマス推進室
担当者:久納、田中
代表:03-3502-8111(内線3294)
ダイヤルイン:03-3502-8458
FAX:03-3502-8274

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図