ホーム > 報道発表資料 > 「地域資源利用型産業創出緊急対策事業」のうち、「農山漁村地域資源有効活用推進事業」の第2次公募開始について


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年12月4日

農林水産省

「地域資源利用型産業創出緊急対策事業」のうち、「農山漁村地域資源有効活用推進事業」の第2次公募開始について

農林水産省では「地域資源利用型産業創出緊急対策事業」を実施しており、そのうち「農山漁村地域資源有効活用推進事業(先進的バイオマス利活用施設の整備)」について、公募により選定された基金管理団体である特定非営利活動法人日本プロ農業総合支援機構が12月7日より公募を開始しますのでお知らせします。

1.事業の趣旨

農山漁村には、太陽光などの自然エネルギーをはじめ、稲わら・間伐材等の未利用のバイオマスが豊富に存在するなど、食料供給のみならず資源供給の面でも大きな潜在力を有しています。このような潜在力を発現させ、低炭素社会の実現と農山漁村の活性化を同時かつ緊急に達成するためには、未利用資源の有効活用に必要な施設等の導入や製品の利用体制の整備が不可欠となっています。

本事業は、離島等の農山漁村地域における地域資源の有効活用、エネルギーの地産地消に向け、燃料や電力の供給を同時に行える農林バイオマス3号機等の先進的なバイオマス利活用施設の整備及び技術の実証に対して支援を行います。

助成率については、施設整備費に係る費用は1/2以内(特に技術的に先進的なものは2/3以内)とし、事業実施に必要な事務経費、技術実証に要する経費に対しては10/10とします。

2.募集期間

平成21年12月7日(月曜日)から平成21年12月21日(月曜日)まで(土曜日、日曜日及び祝日等の休日を除く毎日、10時00分から17時00分までとします。)

3.応募先

特定非営利活動法人日本プロ農業総合支援機構

〒114-0024  東京都北区西ヶ原1丁目26番3号  農業技術会館本館5F

電話番号:03-5394-1627  FAX番号:03-5394-1628

担当者:佐藤、中田、榎本

4.参考資料

実施要領、実施要項、必要な様式等はこちらのページを参照ください。

お問い合わせ先

大臣官房環境バイオマス政策課バイオマス推進室
担当者:地域バイオマス班  松尾、上條
代表:03-3502-8111(内線3294)
ダイヤルイン:03-3502-8458
FAX:03-3502-8274

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図