ホーム > 報道発表資料 > 「バイオマス活用推進基本計画」の公表について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年12月17日

農林水産省

「バイオマス活用推進基本計画」の公表について

本日、バイオマス活用推進基本法(平成21年法律第52号)に基づく、「バイオマス活用推進基本計画」が閣議決定されましたので、お知らせします。

バイオマス活用推進基本計画 (平成22年12月17日閣議決定)

本日閣議で決定された「バイオマス活用推進基本計画」は、バイオマス活用推進基本法(平成21年法律第52号)に基づき、バイオマスの活用の促進に関する施策についての基本的な方針、国が達成すべき目標、技術の研究開発に関する事項等について定める計画です。   

「バイオマス活用推進基本計画」に関する情報 は以下のURLでご覧になれます。

バイオマス活用推進基本計画の概要

第1施策についての基本的な方針

バイオマス供給者である農林漁業者、バイオマス製品の製造事業者、地方公共団体、関係府省等が一体となって、バイオマスの最大限の有効活用を推進することとしています。

第2 国が達成すべき目標(目標年次:2020年)

目標としては、600市町村においてバイオマス活用推進計画を策定すること、バイオマスを活用する約5,000億円規模の新産業を創出すること、炭素量換算で約2,600万トンのバイオマスを活用すること等としています。
また、バイオマス活用推進計画の策定市町村については、取組効果の検証、課題解決のための技術情報の提供等により、確実な効果の発現を図るとともに、現在ほとんど活用されていない林地残材の有効活用等により、バイオマスの活用を推進することとしています。

第3 政府が総合的かつ効果的に講ずべき施策

第2に掲げた目標の達成に向けて、バイオマスの活用に必要な基盤の整備、農山漁村の6次産業化等によるバイオマス製品等を供給する事業の創出、研究開発、人材育成等を推進することとしています。

第4 技術の研究開発に関する事項

バイオマスの新たな有効利用技術の開発とともに、バイオマスの収集・運搬から加工・利用までを総合的に捉えた技術体系の確立を推進するとともに、長期的な観点から、バイオマス生産効率の優れた藻類等、将来的な利用が期待される新たなバイオマス資源の創出を推進することとしています。

お問い合わせ先

大臣官房環境バイオマス政策課バイオマス推進室
担当者:環境技術班 野津 谷村 山下
代表:03-3502-8111(内線3292)
ダイヤルイン:03-3502-8056
FAX:03-3591-6640

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図