ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 農林水産省における標的型メール事案について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年2月2日

農林水産省

農林水産省における標的型メール事案について

農林水産省において、業務上のやり取りのメモが、関係者にメール送信された際に流出した可能性があり、これが、後日、ウイルスを送り込む標的型メールに添付され、当省職員のパソコンに送信されました。

この標的型メールにつきましては、既にアンチウイルスソフトによりウイルス駆除を実施済であり、ウイルス感染を未然に防止しております。

なお、このメモに一般国民の個人情報は含まれておりません。

事案における対応

今般の事案は、業務上のやり取りメモが、関係者にメール送信された際に、流出した可能性があり、これが、後日、ウイルスを送り込む標的型メールに添付され、当省職員のパソコンに送信されたものです。

標的型メールに含まれるウイルスにつきましては、アンチウイルスソフトにより駆除済であり、ウイルス感染を未然に防止しましたが、当省では、この事態を重く受け止め、直ちに省内の情報セキュリティ担当者による会議を開催し、暗号化等のセキュリティ対策の徹底、個人が所有するパソコンの管理の徹底等の対策を実施することとしました。

また、今般の事案のメモは、メール受信者個人が所有するパソコンにも送付されているため、現在、当省において、個人が所有するパソコンを原因とするものかどうかも含め、調査中です。

今後、このような事態が発生しないよう、再発防止に努めるとともに、更なる情報セキュリティ対策の強化に取り組んでまいる所存です。

お問い合わせ先

大臣官房評価改善課
担当者:情報セキュリティ対策班 渡部、田中
代表:03-3502-8111(内線3252)
ダイヤルイン:03-6738-6137
FAX:03-3593-9467

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図