ホーム > 報道発表資料 > 大豆加工食品に関する意識・意向調査結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年2月24日

農林水産省

大豆加工食品に関する意識・意向調査結果について

大豆加工食品の生産振興や国産大豆の増産に向けた取組を効果的に推進することを目的に、消費者の大豆加工食品に対する意識・意向を把握するため、1,500名の消費者モニターを対象としたアンケート調査を実施し、その結果を取りまとめました。

1.調査概要

(1)    事業名
平成20年度農林水産情報交流ネットワーク事業  全国アンケート調査

 

(2)    調査内容

  • 大豆加工食品を食べているまたは利用している頻度
  • 現在の大豆加工食品の価格に対する意識
  • 国産大豆を使用した製品の購入割合
  • 大豆加工食品の購入価格について、今後の意向
  • 遺伝子組換え大豆を原料とする大豆加工食品について、今後の意向   等

 

(3)    実施時期
平成20年9月中旬~9月下旬

 

(4)    調査対象
農林水産情報交流ネットワーク事業の消費者モニター(1,500名)

 

2.調査方法

オンライン調査及び郵送調査により実施

 

3.調査結果

お問い合わせ先

大臣官房情報評価課
担当者:業務第2班・男庭(おにわ)、盛山(もりやま)
代表:03-3502-8111(内線3256)
ダイヤルイン:03-3502-8047
FAX:03-3502-8766

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図