ホーム > 報道発表資料 > ラムサール条約第10回締約国会議における水田決議の採択について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年11月5日

農林水産省

ラムサール条約第10回締約国会議における水田決議の採択について

ラムサール条約(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)第10回締約国会議が韓国の昌原(チャンウォン)で開催され、水田の持つ生物多様性の保全に果たす役割に注目した「湿地システムとしての水田における生物多様性の向上」(いわゆる「水田決議」)が採択されましたので、お知らせします。

なお、同会議では、水田決議のほか、合計32本の決議が採択されました。

 1.ラムサール条約第10回締約国会議開催期間

平成20年10月28日(火曜日)~11月4日(火曜日)

2.場所

昌原(チャンウォン、韓国)

3.参加者

我が国から農林水産省のほか、外務省、環境省が参加

お問い合わせ先

大臣官房環境バイオマス政策課 
担当者:村山、成田
代表:03-3502-8111(内線3296)
ダイヤルイン:03-6744-2016
FAX:03-3591-6640

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図