ホーム > 報道発表資料 > 試行排出量取引における森林バイオマス関連第1号申請案件等について


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年4月15日

農林水産省

試行排出量取引における森林バイオマス関連第1号申請案件等について

昨年10月に政府が開始した「排出量取引の国内統合市場の試行的実施」において、森林バイオマス案件としては第1号となる申請案件が、本日開催された第3回国内クレジット認証委員会で報告されました。今後、これらの申請案件は、審査機関又は審査員の審査を受け、委員会に承認されれば、事業計画に沿って排出削減事業を実施していくこととなります。

1 申請案件(概要)

(1) 製材所における大鋸屑(おがくず)を有効利用した清滝温泉事業(年平均削減予定量 約950 t-CO2)

温泉加温用ボイラーの燃料を、A重油から地域のスギ材等由来のおがくず等に転換

(2) 八女の森林バイオマスを有効利用したべんがら村温泉事業(年平均削減予定量 約610 t-CO2)

温泉加温用ボイラーの燃料を、A重油から地域のスギ材等由来の木質チップに転換

(3) 小国町のスギ材を熱源とする融雪・暖房用バイオマスボイラー導入事業(年平均削減予定量 約380 t-CO2)

歩道や駐車場の融雪及び庁舎の暖房用ボイラーの燃料を、A重油から町内のスギ間伐材等由来の木質チップに転換

2 国内クレジット制度のバイオマスボイラーの新設にかかる方法論の申請について

現行の方法論では、バイオマスボイラーを導入する前に化石燃料を使用していたもののみが国内クレジット案件の対象でしたが、この度、バイオマスボイラーを新設する場合も国内クレジットの対象と認めるための方法論「バイオマスを燃料とするボイラーの新設」がオリックス環境(株)より申請され、本日の国内クレジット認証委員会で報告されました。今後の委員会で本申請が承認されれば、バイオマスボイラーを新設する場合でも国内クレジット対象と認められます。

お問い合わせ先

大臣官房環境バイオマス政策課
担当者:地球環境対策室 安高、久保
代表:03-3502-8111(内線3297)
ダイヤルイン:03-6744-2017
FAX:03-3591-6640

林野庁林政部木材利用課
担当者:利用推進班 香月、河邉
代表:03-3502-8111(内線6121)
ダイヤルイン:03-6744-2297
FAX:03-3502-0305

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図