ホーム > 報道発表資料 > 国内クレジット制度における農林水産分野関係初の国内クレジット認証案件及び新たな申請案件について


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年7月16日

農林水産省

国内クレジット制度における農林水産分野関係初の国内クレジット認証案件及び新たな申請案件について

本日、第6回国内クレジット認証委員会が開催され、農林水産分野関係案件としては初めてとなる「国内クレジット」が認証されました。

また、農林水産分野から新たに3件の申請が報告されました。今後、これらの案件は審査機関等の審査、委員会の承認を経て、二酸化炭素排出削減事業を実施していくこととなります。

1 国内クレジット制度について

2 農林水産分野からの国内クレジット認証第1号について

本日開催された第6回国内クレジット認証委員会において、大分県のバラ農園「(有)メルヘンローズ」におけるヒートポンプ導入によるCO2削減事業で創出されたCO2排出削減量が、「国内クレジット」として、農林水産分野関係案件としては初めて認証されました(詳細は別添資料1のとおり)。

なお、本件を含め、「国内クレジット」はこれまで9件が認証されています。

3 農林水産分野からの新たな申請案件について

本日開催された第6回国内クレジット認証委員会において、野菜ハウスにおけるボイラーの燃料転換、バラ園におけるヒートポンプの導入など、農林水産分野関係案件3件の新たな申請が報告されました(詳細は別添資料2のとおり)。

なお、本日までに国内クレジット認証委員会が受け付けた申請案件は延べ125件です。

このうち、農林水産分野関係からの申請案件は延べ44件です。

4 その他

農林水産省では、平成21年4月14日に「農林水産業における排出量取引の国内統合市場の試行的実施等推進検討会」(座長:鈴木宣弘東京大学大学院農学生命科学研究科教授)を立ち上げ、農林水産業における排出量取引等への参加を推進するとともに、メタンや一酸化二窒素など農林水産業から発生する温室効果ガスの排出抑制に向けた様々な取組を促進するための方法等を検討しています。

当該検討会での検討を通じ、農林水産分野における排出量取引等を一層推進していくこととしています。

お問い合わせ先

大臣官房環境バイオマス政策課
担当者:地球環境対策室 安高、相馬(全般)
代表:03-3502-8111(内線3297)
ダイヤルイン:03-6744-2017
FAX:03-3591-6640

生産局農業環境対策課
担当者:企画班 今井、小宮(施設園芸関係)
代表:03-3502-8111(内線4840)
ダイヤルイン:03-6774-2114
FAX:03-3502-0869

林野庁林政部木材利用課
担当者:利用推進班 香月、河邉(木質バイオマス活用関係)
代表:03-3502-8111(内線6121)
ダイヤルイン:03-6744-2297
FAX:03-3502-0305

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図