ホーム > 報道発表資料 > 「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」に基づく防除の公示の一部改正について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年2月1日

農林水産省

「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」に基づく防除の公示の一部改正について

<環境省同時発表>

農林水産省及び環境省は、外来生物法第11条第2項の規定に基づき、ジャワマングースの防除に関し、本日以下のとおり一部改正しましたのでお知らせします。

1.防除の公示を行う特定外来生物

ヘルペステス・ヤヴァニクス(以下「ジャワマングース」という。)

2.改正の経緯

これまで、我が国におけるジャワマングースの生息地は、鹿児島県奄美大島及び沖縄県沖縄島のみと考えられてきたことから、農林水産大臣及び環境大臣は、「ジャワマングースの防除に関する件」(平成17年6月農林水産省・環境省告示第10号)において、「鹿児島県奄美大島及び沖縄県沖縄島」を当該防除の対象地域として防除を行ってきました。

しかし、昨年、鹿児島県鹿児島市においても、その生息が確認されました。当該種は、生存能力が非常に高い上、食物に対する選択性が小さく、あらゆる小動物を捕食しうることから、分布が拡大した場合には生態系等に被害が及ぶおそれが大きいと考えられます。このため、別紙のとおり防除の公示を一部改正しました。

3.主な改正の内容

(1)防除を行う区域
「鹿児島県奄美大島及び沖縄県沖縄島」から「全国」に拡大。

(2)防除の目標
防除区域の拡大にあわせて、防除目標も全国的な内容に改正。

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

大臣官房環境バイオマス政策課
担当者:自然環境班  圓谷、佐藤
代表:03-3502-8111(内線3296)
ダイヤルイン:03-6744-2016
FAX:03-3591-6640

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図