ホーム > 報道発表資料 > 生きものマークガイドブックの公表について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年3月31日

農林水産省

生きものマークガイドブックの公表について

農林水産省では、日本各地の「生きものマーク(生物多様性に配慮した農林水産業の実施と、産物等を活用してのコミュニケーション)」の取り組み事例を紹介する「生きものマークガイドブック」をまとめましたので、公表いたします。

生きものマークガイドブックとは

農林水産省では、かねてより農林水産業と生物多様性の関係について、農林漁業者のみならず広く一般の方々にもご理解をいただくため、農林水産省生物多様性戦略の策定(平成19年7月)など様々な取り組みを行ってまいりました。

このたび、平成21年度の調査事業により「生きものマークガイドブック」を作成いたしましたので、公表いたします。

このガイドブックは、全国各地で取り組まれている生物多様性に配慮した農林水産活動のうち、消費者とのコミニュケーションに工夫をこらしている「生きものマーク」の取り組み事例を紹介し、このような活動に今後より多くの方々がご参加いただけるよう情報を提供するものです。また、この「生きものマーク」の取り組みを始めるためのポイントについてもご紹介しています。

このような生産者の取組について、多くの消費者の皆様に知っていただくことを期待しています。

本ガイドブックは以下のアドレスからもご覧いただけます。

http://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/s_ikimono/guidebook/index.html

 

お問い合わせ先

大臣官房環境バイオマス政策課
担当者:自然環境班:倉田、佐藤
代表:03-3502-8111(内線3296)
ダイヤルイン:03-6744-2016
FAX:03-3591-6640

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図