ホーム > 報道発表資料 > 農林水産分野における排出量取引推進のための新たな排出削減方法論のアイデア募集について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年7月2日

農林水産省

農林水産分野における排出量取引推進のための新たな排出削減方法論のアイデア募集について

農林水産省は、農林水産分野における排出量取引推進のために、「地球環境総合対策推進事業」において、新たな排出削減方法論の検討・策定等を支援しています。

この度、「地球環境総合対策推進事業」のうち「新たな排出削減方法論等策定支援事業」の実施主体である「株式会社 三菱総合研究所」では、農林水産分野における新たな排出削減方法論に関するアイデアを募集しますので、お知らせいたします。

1.概要

排出量取引は、温室効果ガスの排出削減・吸収の取組を進めるインセンティブとして期待されています。排出量取引に参画するには、各制度で定められた排出削減方法論に基づく取組であることが必要となりますが、現時点では農林水産分野における排出削減・吸収の取組に対応した排出削減方法論が十分に整備されていないことにより、農林漁業者からの排出量取引への参画が進みにくい状況にあります。

このため、農林水産省は、「地球環境総合対策推進事業」において、農林水産分野における新たな排出削減方法論の検討・策定等を支援しています。

この度、「地球環境総合対策推進事業」のうち「新たな排出削減方法論等策定支援事業」の実施主体である「株式会社 三菱総合研究所」では、現時点で定められていない農林水産分野における新たな排出削減方法論のアイデアを募集します。

2.募集期間

第1次募集:平成22年7月16日(金曜日) 17時まで(必着)

(「株式会社 三菱総合研究所」では、第1次募集終了後、応募いただいたアイデアについて、排出削減方法論への検討を開始しますが、引き続き、第2次募集として、9月下旬頃(予定)までアイデアの募集を継続します。)

3.応募方法

下記のURLから応募要領をご確認の上、所定の応募用紙に必要事項を記入し、事務局宛に郵送または電子メールにて応募して下さい。

URL:http://www.mri.co.jp/NEWS/press/2010/2019956_1395.html 

4.応募先

【農林水産分野における新たな排出削減方法論等策定・支援事務局】

株式会社三菱総合研究所 環境・エネルギー研究本部

担当:奥村・永村・高橋

提出先:(電子メール)maff-et@mri.co.jp

(郵送)〒100-8141 東京都千代田区大手町二丁目3番6号

5.その他

「株式会社 三菱総合研究所」では、排出削減方法論のアイデア募集に合わせ、平成22年7月2日(金曜日)より平成23年2月末(予定)まで排出削減方法論に関するアイデアの相談を受け付けています。

 相談先:(問い合わせフォーム)http://agri-co2.mri.co.jp/

 

お問い合わせ先

大臣官房環境バイオマス政策課
担当者:地球環境対策室 安高、中西
代表:03-3502-8111(内線3297)
ダイヤルイン:03-6744-2017
FAX:03-3591-6640

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図