ホーム > 報道発表資料 > 「農林水産分野における「CO2の見える化」推進事業成果報告会」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年2月10日

農林水産省

「農林水産分野における「CO2の見える化」推進事業成果報告会」の開催について

農林水産省は、温室効果ガスの排出削減を図るため、「CO2の見える化」推進事業を実施しています。今年度は、生産者自らが農産物の温室効果ガス排出量を簡易に算定できるツール等を作成しており、その現在までの成果の報告会を開催します。なお、この会合は公開です。カメラ撮りも可能です。

1 概要

農林水産省は、生産者自らが農産物の温室効果ガス排出量を認識し、表示等を行う「CO2の見える化」の取組へのあと押しやきっかけ作りにするため、「CO2の見える化」推進事業を実施しています。

今年度は、

(ア)各都道府県が作成している当該作物の「栽培指針」等のデータを用いて、農作物の生産段階における標準的な温室効果ガス排出量を調査し、主要品目別・地域別温室効果ガス排出量を取りまとめるとともに、

(イ)パソコン等を利用して生産者自らが、農産物の温室効果ガスの排出量を簡易に算定できるツールを作成しています。 

この度、当事業の現在までの成果を農業関係者の方などに事前に公開し、意見交換等を行うこととしました。

2 日時・場所

日時:平成23年2月28日(月曜日)16時00分~18時00分

場所:経済産業省別館 共用第825号会議室(東京都 千代田区 霞が関1-3-1)

3 予定議事について

(1)農林水産分野における「CO2の見える化」推進事業の概要

(2)農産物からのCO2排出量標準値についての説明

(3)農産物からのCO2排出量簡易算定ツールの試行

(4)質疑、意見交換

4 参加の申込みについて

報告会に参加を希望される場合は、平成23年2月23日(水曜日)17時までに、「農林水産分野における「CO2の見える化」推進事業成果報告会参加希望」の旨、所属、氏名、連絡先(電話番号、FAX番号又は電子メールアドレス)を記載のうえ、インターネット又はFAXにて下記までお申し込みください。

インターネット:https://www.contact.maff.go.jp/maff/form/d23b.html

FAX送付先:03-3591-6640(大臣官房環境バイオマス政策課地球温暖化班あて)

なお、当日の座席は、40席を予定していますが、出席希望が多数にわたる場合は、先着順で受け付けを締め切らせていただきますので、あらかじめご了承願います。

なお、最終的な出席の可否については、2月24日(木曜日)にご連絡いたします。  

お問い合わせ先

大臣官房環境バイオマス政策課
担当者:地球温暖化班 小池、高橋
代表:03-3502-8111(内線3297)
ダイヤルイン:03-6744-2017
FAX:03-3591-6640

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図