ホーム > 報道発表資料 > 福島第一原子力発電所事故による影響と対応~放射性物質が検出された野菜等の廃棄方法~


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年3月25日

農林水産省

福島第一原子力発電所事故による影響と対応~放射性物質が検出された野菜等の廃棄方法~

福島県第一原子力発電所事故に関連し、関係県では、暫定規制値を上回る放射性物質が検出された野菜等の出荷を控える措置がとられているところです。
農林水産省は、原子力安全委員会の助言を得て、これらの野菜等の廃棄方法について以下のとおり関係者に連絡しておりますのでお知らせします。

野菜

 

  • すきこみ及び焼却は望ましくない
    *現時点においては放射能レベルが明確でないものもあり、不要な再拡散を避ける必要。
  • すでに刈り取ったものは1箇所に集めて保管する
  • まだ刈り取っていないものはそのまま放置する

原乳(生乳)

 

  • 自己所有地に集中的に埋設する

 

具体的には、次の(別紙)「放射性物質が検出された野菜等の廃棄方法について(Q&A)」をご覧ください。
※Q&Aについても、原子力安全委員会緊急技術助言組織の助言を得て作成しています。

本件のホームページのアクセスは次のとおりです。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

大臣官房環境バイオマス政策課
担当者:郡、中西
代表:03-3502-8111(内線3297)
ダイヤルイン:03-6744-2017
FAX:03-3591-6640

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図