ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「農林水産省生物多様性戦略」の改定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年2月3日

農林水産省

「農林水産省生物多様性戦略」の改定について

農林水産省は、生物多様性をより重視した持続可能な農林水産業を推進するため、平成19年7月に策定した「農林水産省生物多様性戦略」を改定しました。

「農林水産省生物多様性戦略」について

 農林水産業は自然に働きかけ、その恵みを享受する生産活動です。このため、生物多様性の保全を重視した農林水産業を推進するための指針として平成19年7月に策定し、生物多様性の保全に資する施策の実施に取り組んできました。

 その後、生物多様性基本法(平成20年6月)や生物多様性地域連携促進法(平成22年12月)等が制定され、我が国の生物多様性を保全するための施策が強化されるとともに、平成22年10月には名古屋市において「生物多様性条約 第10回締約国会議」(COP10(注))が開催され、生物多様性の保全に関する今後の世界目標となる「戦略計画2011-2020(愛知目標)」等が決定されました。

 このような国内外の情勢の変化を踏まえて、COP10以降、「農林水産省生物多様性戦略検討会」にて議論を重ね、平成23年12月27日に開催した「農林水産省生物多様性戦略検討会(第21回)」において、戦略について所用の改定を行いました。

 本戦略は、農林水産分野における生物多様性の保全や持続可能な利用を強力に推進するための指針として、概ね今後10年間を見通した上での課題や施策の方向性を明らかにするとともに、今後5年間程度における具体的な施策を示すものです。

「農林水産省生物多様性戦略」の内容は以下のURLでご覧になれます。

http://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/s_senryaku/index.html

「農林水産省生物多様性戦略検討会」に関する情報は以下のURLでご覧になれます。

http://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/s_senryaku/seibutu_tayo/index.html
(注)COP10: The tenth meeting of the Conference of the Parties

戦略改定のポイント

今改定によって、本戦略は、

 また、地域住民、農林漁業者等の多様な主体による持続可能な農林水産業を支える取組の推進等により農山漁村の活性化をさらに推進していきます。

 これらの施策の推進により、「戦略計画2011-2020・愛知目標」の達成にも寄与していきます。

などの方向を示しました。

参考

 平成23年12月15日付けプレスリリース「「農林水産省 生物多様性戦略検討会(第21回)」の開催及び一般傍聴について」

http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kankyo/111215.html

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

大臣官房環境政策課
担当者:保全対策班 林、大木、本宮
代表:03-3502-8111(内線3297)
ダイヤルイン:03-6744-2017

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図