ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「バイオセーフティに関するカルタヘナ議定書の責任及び救済に関する名古屋・クアラルンプール補足議定書」への署名について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年3月2日

農林水産省

「バイオセーフティに関するカルタヘナ議定書の責任及び救済に関する名古屋・クアラルンプール補足議定書」への署名について

本日の閣議において、我が国として「バイオセーフティに関するカルタヘナ議定書の責任及び救済に関する名古屋・クアラルンプール補足議定書」に署名することが決定されました。署名は、国連本部(於:ニューヨーク)において、現地時間3月2日(金曜日)15時30分から行われる予定です。

概要

  1. 「バイオセーフティに関するカルタヘナ議定書の責任及び救済に関する名古屋・クアラルンプール補足議定書」は、わが国が議長国となって愛知県名古屋市で平成22年10月に開催されたカルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)において採択され、遺伝子組換え生物の国境移動による損害の責任及び救済に関して、締約国が講ずるべき措置を規定しました。
  2. 本補足議定書は、昨年3月7日から1年間署名のために開放されており、この度、日本が署名することとなりました。なお、これまで46カ国・地域が署名を行い、現時点ではラトビアとチェコの2カ国が締結しています。

 

署名について 

日程

平成24年3月2日(金曜日)15時30分から16時00分(現地時間)

 

場所

国連本部(於:ニューヨーク)

 

なお、補足議定書には、西田恒夫国際連合日本政府代表部大使が署名する予定です。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

大臣官房環境政策課
担当者:大友、佐々木
代表:03-3502-8111(内線3297)
ダイヤルイン:03-6744-2017

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図