ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「気候変動枠組条約 第18回 締約国会議(COP18)」、「京都議定書 第8回 締約国会合(CMP8)」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年11月22日

農林水産省

「気候変動枠組条約 第18回 締約国会議(COP18)」、「京都議定書 第8回 締約国会合(CMP8)」の開催について

平成24 年11 月26 日(月曜日)から12 月7 日(金曜日)まで、ドーハ(カタール国)において、「気候変動枠組条約第18回 締約国会議(COP18)」、「京都議定書 第8 回 締約国会合(CMP8)」が開催されます。

会議は公開で行われますが、一部非公開で行われる場合があります。

カメラ撮影も可能です。

1.会合の概要

気候変動枠組条約締約国会議(COP※1)は、大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させることを究極の目標として1992 年に採択された「国連気候変動枠組条約」(United Nations Framework Convention on Climate Change)に基づき、1995 年から毎年開催されている年次会議で、今回は第18 回の会議が開催されます。また、京都議定書締約国会合(CMP※2)は、1997 年に採択された先進国の削減目標等を定めた「京都議定書」(Kyoto Protocol)に基づき、2005 年から毎年開催されている年次会合で、今回は第8回の会合が開催されます。
※1 COP:Conference of the Parties
※2 CMP:Conference of the Parties serving as the meeting of the Parties to the Kyoto Protocol

2.開催日程及び場所

日程:11月26日(月曜日)~12月7日(金曜日)

場所:ドーハ(カタール国)

3.参加予定国・地域

気候変動枠組条約締約国、関係国際機関、NGO等

4.農林水産省出席者

篠田 幸昌(しのだ ゆきまさ)林野庁次長

榎本 雅仁(えのもと まさひと)大臣官房環境政策課長 ほか

5.議題等

森林・農業分野に関して、森林・農地等吸収源の取扱いや、途上国の森林減少・劣化問題、気候変動における農業分野の取扱いについて議論が行われる予定です。

6.報道関係の皆様へ

取材については、国連気候変動枠組条約事務局までお問い合わせください。

ただし、取材登録は11月21日(水曜日)に締め切られております。

国連気候変動条約事務局ホームページ http://unfccc.int/2860.php

国連気候変動条約事務局による報道機関向け情報 http://unfccc.int/press/items/2794.php

 

 

お問い合わせ先

大臣官房環境政策課
担当者:国際班 杉田、内村 (農業分野)
代表:03-3502-8111(内線3296)
ダイヤルイン:03-6744-2016

林野庁森林整備部研究・保全課
担当者:森林吸収源企画班 嶋田、中川 (森林分野)
代表:03-3502-8111(内線6213)
ダイヤルイン:03-3502-8240

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図