ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「我が国の生態系に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(生態系被害防止外来種リスト)」の作成について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年3月26日

農林水産省
環境省

「我が国の生態系に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(生態系被害防止外来種リスト)」の作成について

農林水産省は、環境省とともに、本日、平成22年の生物多様性条約第10回締約国会議で採択された愛知目標の達成に資するとともに、外来種についての国民の関心と理解を高め、国や地方自治体等様々な主体に適切な行動を呼びかけることを目的とした、「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(生態系被害防止外来種リスト)」を作成しました。

1.概要 

平成22年10月に名古屋で開催された生物多様性条約第10回締約国会議において、「2020年までに侵略的外来種とその定着経路を特定し、優先度の高い種を制御・根絶すること」等を掲げた愛知目標が採択されました。

平成24年9月に閣議決定された「生物多様性国家戦略2012-2020」においては、愛知目標を踏まえ、外来生物法に基づく特定外来生物のみならず、我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種のリストを作成することを国別目標の一つとしました。

これを受けて、環境省及び農林水産省は、平成24年度から有識者からなる会議を設置し、検討を進めてきましたが、本日、「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(生態系被害防止外来種リスト)」を作成しました。

本リストは愛知目標の達成に資するとともに、外来種についての国民の関心と理解を高め、様々な主体に適切な行動を呼びかけることで、外来種対策の進展を図ることを目的としています。

今後、農林水産省では、同時に策定・公表した「外来種被害防止行動計画」と併せて、外来種対策として農林水産業に対する被害の軽減や国民の理解醸成、利用者の適切な取扱いの促進などの普及啓発等の一層の推進を図ります。

2.生態系被害防止外来種リストのポイント

生態系被害防止外来種リストでは、計429種類(動物229種類、植物200種類)が掲載されています。

このうち、産業又は公益的役割において重要であるが、利用上の留意事項が求められるものは「産業管理外来種」のカテゴリに区分しました。

(1)幅広く生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種を選定

(2)掲載種を対策の方向性を示すカテゴリに区分

(3)掲載種には種類ごとに付加情報を整理

(4)生態系被害防止外来種リスト公表資料の構成

3.生態系被害防止外来種リストの入手方法

環境省ウェブサイト(http://www.env.go.jp/nature/intro/1outline/gairailist.html)を御覧ください。

4.参考

下記の参考資料はhttp://www.env.go.jp/press/index.html(環境省プレスリリース「「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(生態系被害防止外来種リスト)」の公表について(お知らせ)」)を御覧ください。

また、下記の資料についてはhttp://www.env.go.jp/nature/intro/1outline/gairailist.html(環境省ウェブサイト)で御覧ください。 

 

お問い合わせ先

大臣官房環境政策課
担当者:保全対策班 畠沢、菅野
代表:03-3502-8111(内線3297)
ダイヤルイン:03-6744-2017
FAX:03-3591-6640

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図