ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > ユネスコエコパークの拡張登録に係る推薦決定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年8月24日

農林水産省
文部科学省
環境省

ユネスコエコパークの拡張登録に係る推薦決定について

 本日、「日本ユネスコ国内委員会自然科学小委員会人間と生物圏(MAB)計画分科会において、「白山」、「大台ヶ原・大峯山・大杉谷」及び「屋久島・口永良部島」の各ユネスコエコパークの拡張登録について、ユネスコに推薦することが決定されました。

本件は、文部科学省及び環境省においても同時に発表しています。

1.概要

生物圏保存地域(国内呼称:ユネスコエコパーク)は、生物多様性の保全、持続可能な開発、学術研究支援を目的として、1976年(昭和51年)に、ユネスコが開始した制度です。ユネスコエコパークの登録は、各国からの推薦を基に、ユネスコMAB計画国際調整理事会において審議、決定されます。

本日、「日本ユネスコ国内委員会自然科学小委員会人間と生物圏(MAB)計画分科会」(事務局:文部科学省)が開催され、「白山」(石川県、岐阜県、富山県、福井県)、「大台ヶ原・大峯山・大杉谷」(奈良県、三重県)及び「屋久島・口永良部島」(鹿児島県)の各ユネスコエコパークの拡張登録(※)について、ユネスコに推薦することが決定されました。

(※)今回の拡張登録は、1995(平成7)年にユネスコエコパークの機能として、「経済と社会の発展」が追加されたため、それ以前に登録されたユネスコエコパークについて、その機能を果たす「移行地域」を追加するもの。

 我が国のユネスコエコパーク

2.今回の推薦決定地域について

「白山」(詳細は別添3-1) 

核心地域(※)及び緩衝地域(※)には広大なブナ林が広がっており、林野庁では「白山森林生態系保護地域」や「白山山系緑の回廊」等に設定し、原生的な天然林の保護や動植物の移動経路の確保等を行っています。
移行地域(※)では、持続可能な資源利用を伴う暮らしの中で農林業等が営まれています。

「大台ヶ原・大峯山・大杉谷」(詳細は別添資料3-2)

核心地域(※)及び緩衝地域(※)は、国内有数の多雨地帯で幅広い生物層と豊かな自然を有しており、林野庁では「大杉谷森林生態系保護地域」等に設定し、原生的な天然林の保護等を行っています。

「屋久島・口永良部島」(詳細は別添資料3-3)

核心地域(※)及び緩衝地域(※)は、特有の地形や気候からなる多様な植物層を有しており、林野庁では「屋久島森林生態系保護地域」等に設定し、原生的な天然林の保護等を行っています。

 

※核心地域:厳格に保護され、長期的に保存されている地域

※緩衝地域:核心地域を保護するための緩衝的な地域

※移行地域:人が生活し、自然と調和した持続可能な発展を実現する地域 

3.今後のスケジュール

 

お問い合わせ先

大臣官房環境政策課
担当者:利用推進班 山本、高田
代表:03-3502-8111(内線3297)
ダイヤルイン:03-6744-2017
FAX:03-3591-6640

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図