このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

G7伊勢志摩サミットのカーボン・オフセット報告書の公表及び協力法人・自治体に対する感謝状の贈呈について

  • 印刷
平成28年11月1日
農林水産省
農林水産省は、外務省、経済産業省及び環境省と連携し、国内の法人及び自治体の協力を得て、本年5月に開催されたG7伊勢志摩サミットのカーボン・オフセットを実施しました。この度、当該取組にかかる報告書を公表するとともに、御協力いただいた法人及び自治体に対し、農林水産省、経済産業省及び環境省より感謝状を贈呈いたします。

1.概要

農林水産省は、外務省、経済産業省及び環境省と連携して、本年5月26日、27日に三重県において開催されたG7伊勢志摩サミットに伴う温室効果ガスの排出量について、カーボン・オフセット(排出量の埋め合わせ)(※)するため、J-クレジット、J-VER又は国内クレジット(以下「クレジット」という)を御提供いただける法人・自治体(以下、「協力法人等」という)を募集したところ、111の法人・自治体(別紙参照)から御提供の申し出がありました。
今般、G7伊勢志摩サミット開催に伴い排出された温室効果ガス排出量の算定が完了し、その全量を協力法人等から御提供いただいたクレジット及び政府保有のクレジットによりカーボン・オフセットする手続きが完了したことから、当該取組を報告書として取りまとめましたので公表します。なお、G7サミットにおいて、法人や自治体の協力を得てカーボン・オフセットを実施することは初めての試みです。
また、あわせて、J-クレジット制度を運営し、カーボン・オフセットを推進する農林水産省、経済産業省及び環境省より、別紙の協力法人等に対し、クレジットの提供を通じた我が国の気候変動対策への姿勢を国際的に示し、また、国内の地球温暖化対策に対する機運の醸成を図る事に多大な貢献をしたことに感謝し、感謝状を贈呈(郵送)いたしますのでお知らせします。
(※)カーボン・オフセット:日常生活や経済活動において避けることができないCO2等の温室効果ガスの排出について、まずできるだけ排出量が減るよう削減努力を行い、どうしても排出される温室効果ガスについて、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資すること等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方。

2.報告書の概要

温室効果ガス排出抑制策

G7伊勢志摩サミットの開催にあたり、可能な限り温室効果ガス排出量を削減するため、照明のLED化や省エネ効率の高い窓サッシの設置など温室効果ガスの排出量削減に努める施設を会場や宿泊先として選定、日本政府関係者による公共交通機関・シャトルバスの利用といった取組を実施しました。

温室効果ガス排出量の算定対象

G7代表団、アウトリーチ参加国・機関代表団、プレス関係者及び支援業者の自国と日本間の移動、日本国内での移動、会場の使用、及び各代表団とプレス関係者の宿泊に伴う施設使用、国際メディアセンターの使用に伴う温室効果ガスの排出量を算定対象としました。

温室効果ガス排出量の算定結果

G7伊勢志摩サミットに伴う温室効果ガス排出量は26,050t-CO2となりました。
参加者分類 参加人数 温室効果ガス排出量
G7代表団、アウトリーチ参加国・関係代表団 約2,300人 22,118t-CO2
プレス関係者 約5,900人 3,810t-CO2
支援業者 約10,700人 122t-CO2
合計 約18,900人 26,050t-CO2
なお、CO2排出量の算定については、信頼性を高めるため、第三者審査機関である一般社団法人日本能率協会地球温暖化対策センターが審査を実施し、認められたものです。

カーボン・オフセットの実施

(1)カーボン・オフセット協力者
平成28年4月26日(火曜日)から5月27日(金曜日)まで、協力法人等を農林水産省、経済産業省及び環境省のホームページ等を通じて募集したところ、111の法人・自治体(別紙参照)から計13,130t-CO2のクレジットの提供がありました。
(2)カーボン・オフセット
協力法人等より御提供いただいたクレジット13,130t-CO2に政府保有のクレジット12,920t-CO2を加味し、G7伊勢志摩サミットに伴う温室効果ガス26,050t-CO2全量のカーボン・オフセットを実施しました。
※報告書(本文)については、添付資料「G7伊勢志摩サミット カーボン・オフセット報告書」を参照。

<添付資料>
(別紙)協力法人・自治体一覧(PDF : 96KB)
G7伊勢志摩サミット カーボン・オフセット報告書(PDF : 1,009KB)
(参考資料)感謝状(写)(PDF : 325KB)

(外務省、経済産業省及び環境省同時発表)

お問合せ先

大臣官房政策課環境政策室

担当者:早川、染川
代表:03-3502-8111(内線3296)
ダイヤルイン:03-6744-2016
FAX番号:03-3591-6640