このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

自然再生推進法に基づく自然再生事業の進捗状況の公表について

  • 印刷
平成29年3月29日
農林水産省
国土交通省
環境省
農林水産省、国土交通省及び環境省は、自然再生推進法に基づき、自然再生事業の進捗状況について公表します。

1.概要

自然再生推進法(平成14年法律第148号)第13条第1項においては、主務大臣(農林水産大臣、国土交通大臣及び環境大臣)は、毎年、自然再生事業の進捗状況を公表しなければならないこととされています。
また、同法に基づいて自然再生事業を実施しようとする者は、自然再生協議会を組織し、自然再生の対象となる区域や自然再生の目標等を定めた自然再生全体構想を作成した上で、自然再生事業の実施に関する計画(自然再生事業実施計画)を作成しなければならないこととされており、平成28年度末までに、40の自然再生事業実施計画が作成されています(資料1)。

2.自然再生事業の進捗状況

今年度は、以下の2箇所の自然再生協議会において、新たに自然再生事業実施計画が策定されました。

(ア)森吉山麓高原自然再生協議会
今回策定された「森吉山麓高原自然再生事業実施計画第3期」では、かつての草地(牧場)として開発された森吉山麓高原にブナ林等の高木層を形成する樹種の植栽を行うこと、併せて事業対象地を含めた付近一帯における自然観察や自然体験などの取組を通して本事業のPRと理解の促進に努めることを内容とした平成28年度から平成32年度までの5年間の計画を定めている(資料2)。
(イ)久保川イーハトーブ自然再生協議会
今回策定された「耕作放棄地等における生物多様性の保全・再生事業実施計画」では、耕作放棄地である水田跡地を対象とした湿地環境の再生、河川敷及び堤防周辺を中心として局地的に繁茂している外来植物の防除、地域個体群の消失が危惧される種を対象とした系統保存の実施などを内容とした今後5年間の計画を定めている(資料3)。

また、各自然再生事業の進捗状況及び取組概要は資料4、5のとおりです。

<添付資料>
【資料1】自然再生事業実施計画の作成状況(PDF : 89KB)
【資料2】森吉山麓高原自然再生事業実施計画第3期概要(PDF : 167KB)
【資料3】久保川イーハトーブ自然再生事業耕作放棄地等における生物多様性の保全・再生事業実施計画概要(PDF : 152KB)
【資料4】自然再生推進法に基づく自然再生協議会の目標及び取組状況一覧(PDF : 142KB)
【資料5】各協議会の取組概要(PDF : 1,342KB)
【参考資料1】自然再生推進法の概要(PDF : 25KB)
【参考資料2】自然再生協議会(設置箇所)の全国位置図(PDF : 76KB)

お問合せ先

大臣官房政策課環境政策室

担当者:保全対策班 髙濱、佐藤
代表:03-3502-8111(内線3297)
ダイヤルイン:03-6744-2017
FAX番号:03-3591-6640