ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 高齢者等の食料品へのアクセス状況に関する現状分析


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年8月2日

農林水産省

高齢者等の食料品へのアクセス状況に関する現状分析

農林水産省(農林水産政策研究所)は、平成22年度に開始した消費者ニーズの変化に対応した食品サプライチェーンの再編に関するプロジェクト研究の一環として、食料品アクセス問題の現状を分析しました。

1 「食料品アクセス問題」とは

我が国では、高齢者の増加、食料品店の減少の状況の下で、いわゆる「フードデザート(食料砂漠)」、「買い物難民」、「買い物弱者」問題が顕在化しつつあります。このような高齢者等が食料品へのアクセスに不便や苦労がある状況を「食料品アクセス問題」と定義し、この問題への対応方向の検討を目的として、不便や苦労の要因とその地域間比較、客観的な食料品店までの距離の現状、不便や苦労を軽減するために必要な取組を分析しました。それぞれの分析に対応する手法として、1)高齢者に限らず大都市郊外団地、地方都市旧市街地、農山村の3地域の住民に対する意識調査、2)国勢調査と商業統計のメッシュデータを利用した全国レベルでの消費者と食料品店の距離の分析、3)全国市町村に対する意識調査を実施しました。

2 現状分析のポイント

(1)食料品の買い物における不便や苦労の要因

(2) 食料品店までの距離の現状(店舗までの直線距離が500m以上の人口)

(3) 食料品アクセス問題の解決のために重要と考える取組

3 今後の対応方向

(1) 食料品アクセス改善の目標

(2) 食料品アクセス改善の好循環プロセス(第7図参照)

(3) 食料品アクセス改善の方向(第6表参照)

 

お問い合わせ先

【農林水産政策研究所】
担当者:上席主任研究官 薬師寺
政策研究調整官 株田
代表:03-6737-9000(内線435、267)
ダイヤルイン:03-6737-9074、9076
FAX:03-6737-9098

【総合食料局流通課】
担当者:商業調整官 山田
調査員 上田
代表:03-3502-8111(内線4100、4102)
ダイヤルイン:03-3502-7672
FAX:03-3502-5336

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図