このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

農林水産業の現場ニーズに対応する技術提案の募集(第2回)について

  • 印刷
令和元年10月29日
農林水産省
農林水産省は、農林水産業の現場ニーズに対応する新技術を、民間企業や研究機関等から広く募集します。

1.概要

我が国の農林水産業を成長産業化し、農林水産業者の所得向上を図っていくためには、現場のニーズを踏まえ、新たな技術の活用により現場にイノベーションを起こし、生産性の向上や省力化、高付加価値化等を進めていく必要があります。
このため農林水産省では、品目別、作業ステージ別に、現場で求められている技術ニーズを整理・公表し、それに対応するものとして民間企業や研究機関等から提案のあった新技術を、農林水産省ホームページ「つながる農業技術サイト」で公表しております。
今般、新たに林業・水産業も対象に加え、現場から新たに寄せられた技術ニーズを含め、農林水産業のニーズ全般に対応する新技術を公募します。
詳細は添付の公募要領をご確認ください。
なお、農林水産業の現場ニーズについては随時ご提案を受け付けております。

2.募集する技術提案

農林水産業者からの聞き取り等により当省で取りまとめた、農業、畜産業、林業、水産業に係る現場の技術ニーズ(別添1~4)に対応する新技術(技術・商品・サービス等)を募集します。

3.提案技術の活用方法

ご提案内容を確認させていただいた上で、 新技術の導入を検討する農林水産業者等の参考となるよう、「つながる農業技術サイト」に掲載します。
また、現場ニーズに対する特に有効なご提案であると考えられる新技術については、当省で作成するパンフレットへの掲載等に活用させていただくほか、農林水産業者等と技術提案者が直接に対話する場である「マッチングミーティング」にご出展いただくなどにより、現場への情報提供を図ってまいります。 

4.公募対象者

本公募の対象に該当する新技術を開発・販売等する主体であって、農林水産業者等から問い合わせ(メール・電話等)があった場合に、日本語で直接対応できる民間企業や研究機関等

5.応募期限・方法

令和元年11月29日(金曜日)17時までに、以下のメールアドレス宛てに、必要な資料をご提出ください。 
<提出先> Innovation_group@maff.go.jp

参考1(農林水産業の現場ニーズの公募)

農林水産業の現場で抱えている技術的なニーズについては、以下のフォーム(農林水産省ホームページ)において常時ご意見を募集しております。いただいたご意見は、次回の技術提案の公募等において活用させていただきます。
https://www.contactus.maff.go.jp/j/form/kanbo/kihyo01/need.html

参考2(参考リンク)

・「つながる農業技術サイト」(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/needs/need.html#techinfo
 ・農林水産省「マッチングミーティング」これまでの開催実績等(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/needs/need.html#MM

添付資料

農林水産業の現場ニーズに対応する技術提案公募要領(PDF : 278KB)
別添1:現場の技術ニーズ一覧(農業)(PDF : 175KB)
別添2:現場の技術ニーズ一覧(畜産業)(PDF : 144KB)
別添3:現場の技術ニーズ一覧(林業)(PDF : 107KB)
別添4:現場の技術ニーズ一覧(水産業)(PDF : 143KB)
別紙1:応募様式1(EXCEL : 17KB)
別紙2:応募様式2(PowerPoint:356KB)(PDF版:694KB)
別紙3:応募様式3(PowerPoint:497KB)(PDF版:578KB)

お問合せ先

大臣官房政策課

担当者:田島、川上、表谷(ひょうたに)、粟野
代表:03-3502-8111(内線3081)
ダイヤルイン:03-3502-8448
FAX番号:03-3508-4080

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader