ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「和食;日本人の伝統的な食文化」の無形文化遺産への登録申請の決定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年2月17日

農林水産省

「和食;日本人の伝統的な食文化」の無形文化遺産への登録申請の決定について

「和食;日本人の伝統的な食文化」が、本日、ユネスコ無形文化遺産保護条約「代表一覧表」に係る提案候補に決定されました。

概要

本日開催された文化審議会文化財分科会(会長:佐々木丞平・(独)国立文化財機構理事長)において、「和食;日本人の伝統的な食文化」をユネスコ無形文化遺産保護条約の「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」への提案候補とすることが決定されました。
今後は、無形文化遺産保護条約関係省庁連絡会議(構成:外務省、文化庁、農林水産省)の審議を経た上で、ユネスコへ提出されることになります。 

なお、今回の提案については、平成23年12月24日に閣議決定された「日本再生の基本戦略」において「我が国が誇るべき食文化について、理解の促進とその魅力向上を図り、日本文化の発信につなげるため、ユネスコ無形文化遺産への登録を推進する。」とされているところです。

 

これまでの経緯

 

今後の日程

 

関連サイト  文化庁ホームページ

 

お問い合わせ先

大臣官房政策課食ビジョン推進室
担当者:出倉、橋本、長澤
代表:03-3502-8111(内線3104)
ダイヤルイン:03-6738-6120
FAX:03-3508-4080

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図