ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「日本食文化無形文化遺産化シンポジウム~伝えよう!地域の食文化~【関東ブロック】」の開催及び一般傍聴について


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年1月29日

農林水産省

「日本食文化無形文化遺産化シンポジウム~伝えよう!地域の食文化~【関東ブロック】」の開催及び一般傍聴について

農林水産省は、平成25年2月27日(水曜日)に、東京都豊島区において「日本食文化無形文化遺産化シンポジウム~伝えよう!地域の食文化~【関東ブロック】」を開催します。

シンポジウムは公開です。カメラ撮影についても可能です。

1.概要

 日本食文化のユネスコ無形文化遺産登録実現に向け、国民的な機運の醸成を図るとともに、地域における食文化の継承に繋げるよう、「日本食文化無形文化遺産化シンポジウム~伝えよう!地域の食文化~【関東ブロック】」を開催します。

2.開催日時及び場所

日時:平成25年2月27日(水曜日)  13時30分~16時00分

会場:サンシャインシティ文化会館 5階 特別ホール 501号室

所在地:東京都 豊島区 東池袋3-1-4 

3.シンポジウムのプログラム

基調講演

原田 信男 氏 (国士舘大学 21世紀アジア学部 教授)

パネルディスカッション

「伝えよう!地域の食文化」

コーディネーター:原田 信男 氏 (国士舘大学 21世紀アジア学部 教授)

   パネリスト:

伏木 亨 氏 (NPO法人日本料理アカデミー理事、京都大学農学研究科 教授)

手島 麻記子 氏 (彩食絢美流ダイニングデザイン 代表取締役、日本酒スタイリスト)

浜田 峰子 氏 (フードニスタ)

吉田 めぐみ 氏 (野菜ソムリエ)

皆川 芳嗣 (農林水産事務次官)

4.傍聴可能人数

200名を予定しております。

5.傍聴申込要領

(申し込み受付を終了しました。)

 

(1)申込方法

インターネットまたはFAXにて、以下のお申込先に、「日本食文化シンポジウム【関東ブロック】」の傍聴を希望する旨、お名前(フリガナ)、連絡先(電話番号、FAX番号、インターネットの場合はメールアドレス)、勤務先・所属団体等を明記の上、お申込みください。(電話でのお申込みは御遠慮願います。)

<インターネットによるお申込先>

株式会社 循環社会研究所が設置した運営事務局の専用サイトにアクセスいただき、必要事項を入力の上、お申込み頂きますようお願いします。

http://www.inrec.co.jp/nihonsyoku.html 

<FAXによるお申込先>

FAX 送付先:株式会社 循環社会研究所 宛て

FAX:03-5363-0182

車いすを使用される方、盲導犬等の補助犬をお連れの方はその旨を申込み宛先まで御連絡ください。また、通訳や介護の方を同伴される場合は、同伴の方を同行者としてお書き添え頂きますようお願いします。

<お問い合わせ先:株式会社 循環社会研究所>

電話:03-5363-0181  FAX:03-5363-0182

(2)申込締切

平成25年2 月25日(月曜日)12時00分必着です。

 なお、お申込みは先着順とし、定員に達した場合には、その時点で申込みを締め切らせていただきますので予め御了承ください。

 (3)傍聴する場合の留意事項

シンポジウムの参加に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらを守られない場合は参加をお断りすることがございます。

(ア)事務局が指定した場所以外の場所に立ち入らないでください。

(イ)携帯電話は電源を切るか、またはマナーモードにして頂き、通話はお控えください。

(ウ)傍聴中は静粛を旨とし、次の行為を慎んでください。

(エ)鉄砲刀剣類その他危険なものを会場に持ち込まないでください。

(オ)その他、事務局の指示に従ってください。

6.報道関係者の皆様へ

(申し込み受付を終了しました。)

 

報道関係者でシンポジウムの取材を希望される方には、参加者と別に席を御用意いたしますが、準備等がございますので、平成25年2月22日(金曜日)12時00分までに、参加申込みと同様にお申し込み頂きますようお願いします。

その場合は報道関係者である旨を必ず明記してください。

また、当日は受付で記者証等の身分証を御提示頂きますのであらかじめ御承知願います。

なお、撮影に際しては事務局の指示に従ってください。

お問い合わせ先

大臣官房政策課食ビジョン推進室
担当者:橋本、長澤
代表:03-3502-8111(内線3104)
ダイヤルイン:03-6738-6120
FAX:03-3508-4080

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図