ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「和食;日本人の伝統的な食文化」のユネスコ無形文化遺産保護条約「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表(代表一覧表)」への記載に関する補助機関による勧告について


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年10月22日

農林水産省

「和食;日本人の伝統的な食文化」のユネスコ無形文化遺産保護条約「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表(代表一覧表)」への記載に関する補助機関による勧告について

ユネスコのホームページにおいて、我が国が提案した「和食;日本人の伝統的な食文化」について、ユネスコ無形文化遺産保護条約政府間委員会(注1)の補助機関(注2)による勧告が公表され、記載(登録)とされましたので、お知らせします。

この補助機関による勧告を受けて、本年12月にバクー(アゼルバイジャン共和国)で開催される第8回政府間委員会においてユネスコ無形文化遺産保護条約「代表一覧表」への記載に関する最終決定がなされます。

本件は、外務省、文化庁においても、同時に発表しています。

1. 補助機関による勧告

我が国から提案した「和食;日本人の伝統的な食文化」が、補助機関の事前審査を受け、基準を満たしていると判断され、「代表一覧表」への「記載」の勧告を受けました。

 

※全世界では、31件中「記載」が23件、「情報照会」が1件、「不記載」が7件でした。

 

2. 今後の予定

平成25年12月2日(月曜日)~7日(土曜日)にバクー(アゼルバイジャン共和国)で開催される第8回政府間委員会において、「代表一覧表」への記載について最終決定されます。

(注1)「政府間委員会」:ユネスコ無形文化遺産保護条約の締約国(2013年10月現在、155か国)から選出された24か国で構成され、年1回開催。補助機関の勧告を踏まえ、代表一覧表への記載について最終決定する。

(注2)「補助機関」:政府間委員会の委員国から選出された6か国で構成された機関。「代表一覧表」への記載提案について事前に審査を行い、政府間委員会に勧告を行う。

3. 参考

ユネスコ第8回無形文化遺産保護条約政府間委員会ウェブページ(英語)

http://www.unesco.org/culture/ich/index.php?lg=en&pg=00009

平成24年3月9日付プレスリリース「 「和食;日本人の伝統的な食文化」の無形文化遺産代表一覧表への提案について」

http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo02/120309.html 

 

お問い合わせ先

大臣官房政策課食ビジョン推進室
担当者:渕上、高松
代表:03-3502-8111(内線3104)
ダイヤルイン:03-6738-6120
FAX:03-3508-4080

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図