ホーム > 報道発表資料 > 小泉武夫客員研究員講演会「21世紀はアグリビジネスの時代」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年8月25日

農林水産省

小泉武夫客員研究員講演会「21世紀はアグリビジネスの時代」の開催について

農林水産省(農林水産政策研究所)では、新たで複雑な問題に対応するため、多様な分野の第一線で活躍されている外部の専門家を客員研究員としてお迎えしています。発酵学や食文化論の分野でご活躍の小泉武夫客員研究員(東京農業大学応用生物科学部教授)には、これまで「農を中心とした地域経済の活性化と地域循環の構築」、「大豆と日本人-これまでとこれから-」、「農水産廃棄物の再利用と環境の浄化」というテーマで3回ご報告をいただき、大変好評を博しているところです。このたび、第4弾を「21世紀はアグリビジネスの時代」と題して、以下のとおり開催いたしますので、ご案内します。

1 開催日時

平成20年10月8日(水曜日) 13時00分~15時00分(12時30分 受付開始)

2 開催場所

農林水産省 7階 講堂

〒100-8950  東京都千代田区霞が関1-2-1

3 講師

小泉 武夫
農林水産政策研究所客員研究員(東京農業大学応用生物科学部教授)

4 テーマ

「21世紀はアグリビジネスの時代」

21世紀は「生物産業の世紀」あるいは「アグリビジネスの時代」と言われている。そのため農業や水産業を中心としたフードシステムの構築が進んで行く中、新たなアグリビジネスの可能性を求めて、さまざまな企業が立ち上がりはじめた。

環境、人間の健康、食料の生産、そして新しいエネルギーの創造など、生物を応用した新たなビジネスチャンスやその可能性などを語る。

5 定員

 約300名(準備の都合上、事前の申し込みが必要です。)

6 申し込み

参加を希望される方は、10月3日(金曜日)までに、FAXまたはインターネットにて、氏名(フリガナ)、所属、連絡先(メールアドレス等)を下記の問い合わせ先までご連絡下さい。定員になり次第、締め切ります。

7 その他

 カメラ撮影は冒頭のみ可能です。

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

農林水産政策研究所霞が関分室
担当:吉田・高岸・久保田
代表:03-3502-8181(内線3118)
直通:03-3591-6035(直通)
Fax:03-3591-6036

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図