ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 生産者等が現場の技術開発ニーズを登録できるサイトの開設及び技術開発ニーズの取りまとめ結果の公表について


ここから本文です。

プレスリリース

平成28年2月3日

農林水産省

生産者等が現場の技術開発ニーズを登録できるサイトの開設及び技術開発ニーズの取りまとめ結果の公表について

農林水産省では、農林水産現場の研究開発が必要な問題等を登録できるホームページ(「現場ニーズに対応した研究開発の推進」)の開設及び、収集した技術開発ニーズを整理・公表して、現場の問題解決を進める仕組みをスタートします。

1.概要

温暖化、人手不足等の農林水産業をめぐる環境の変化や輸出をはじめとした新たな成長産業化の取組の本格化等、生産・加工現場は新たな課題に直面しており、研究開発がこうした変化に迅速に対応して現場のニーズに応える問題解決を進めることが重要となっています。このため、農林水産省では生産現場が抱える技術開発が必要な課題を登録・共有できるホームページサイト(「現場ニーズに対応した研究開発の推進」)を開設し、国立研究開発法人、公設試験場、大学、民間など、関係者で情報を共有し生産現場の問題解決を進める新たな仕組みを構築します。その中では、ホームページの他、会議や関係団体を通じて広く収集したニーズ・問題を整理・分類し、ニーズの傾向や特に今後研究が必要な課題などを分析した上で公表します。また、研究課題設定への反映や、既存技術を活かした情報提供や助言を進めるなどして、関係者が一体となって現場ニーズに対応した研究開発の取組を推進していきます。また、平成27年度に開催した、国及び都道府県の行政、研究、普及の関係者が集まった地域研究・普及連絡会議を通じて寄せられた現場のニーズ・問題(391件)を分析し、取りまとめた技術開発ニーズと特に今後研究が必要な課題についても公表します。

2.「技術課題ポスト」及び「現場の技術課題に関するデータ」について

(1)「技術課題ポスト」

関係者の皆様が農林水産業・食品産業に関する技術開発が必要なニーズ・問題や課題を登録する場所です。

(2)「現場の技術課題に関するデータ」

これまでに寄せられた農林水産業・食品産業の現場におけるニーズ・問題、今後研究が必要な技術的課題や、それらのニーズ・問題に対する研究開発等の対応状況のとりまとめ結果を掲載しています(なお、ニーズ・問題等のとりまとめ結果については、とりまとめ作業が終わり次第、定期的に更新して公表します)。

ホームページは以下のURLから御覧ください。

http://www.maff.go.jp/j/kanbo/kihyo03/gityo/g_needs/index.html

お問い合わせ先

大臣官房政策課技術政策室
担当者:推進班、津田、南條、北谷
代表:03-3502-8111(内線3128)
ダイヤルイン:03-6744-0415
FAX:03-3502-0204

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図