このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

「平成29年度食料・農業・農村白書」の公表について

  • 印刷
平成30年5月22日
農林水産省
本日、「平成29年度食料・農業・農村の動向」及び「平成30年度食料・農業・農村施策」について、国会提出案件として閣議決定されました。

平成29年度 食料・農業・農村白書の概要

・特集において、統計データやwebアンケートを用い、我が国農業の次世代を担う若手農業者に焦点を当てた分析を取り上げました。

・特集に続くトピックスでは、明治150年関連施策の一環となる養蚕をはじめ、話題性の高い4テーマを取り上げました。

 なお、「平成29年度食料・農業・農村白書」本文及び概要は以下のURLで御覧になれます。
http://www.maff.go.jp/j/wpaper/w_maff/h29/index.html
 

内容のポイント

平成29年度 食料・農業・農村の動向

(特集)次世代を担う若手農業者の姿 ~農業経営の更なる発展に向けて~

 我が国農業の次世代を担う若手農業者に焦点を当て、農林業センサス等を用いた経営構造の特徴やwebアンケートで確認できた農業経営に対する考え等について記述。

(トピックス1)産出額が2年連続増加の農業、更なる発展に向け海外も視野に

 農業総産出額の2年連続の増加に加え、農業の持続的発展に向けた海外も視野に入れた農業の実現について記述。

(トピックス2)日EU・EPA交渉の妥結と対策

 日EU・EPA交渉の合意内容と対策のうち農業関係部分について記述。

(トピックス3)「明治150年」関連施策テーマ 我が国の近代化に大きく貢献した養蚕

 大正期に飛躍的に拡大した我が国の生糸輸出に関し、輸出拡大に向けた明治期の様々な取組と現代に活かすべき教訓について記述。

(トピックス4)動き出した農泊

 農泊をビジネスとして実施できる体制を持った地域の創出、農泊の魅力の国内外への発信、訪日外国人旅行者の地方への流れについて記述。

平成30年度 食料・農業・農村施策

 平成30年度予算等を基に平成30年度に講ずる施策について記述。

お問合せ先

大臣官房広報評価課情報分析室

担当者:阿部、山田
代表:03-3502-8111(内線3260)
ダイヤルイン:03-3501-3883
FAX番号:03-6744-1526