ホーム > 報道発表資料 > 農林水産公共事業コスト構造改善について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年4月2日

農林水産省

農林水産公共事業コスト構造改善について

農林水産省では、農業農村整備事業等、林野公共事業、水産関係公共事業の各分野毎に、平成20年度から平成24年度までの5年間で15%のコスト改善を目標とした「コスト構造改善プログラム」を策定したので、別紙のとおり公表します。

概要

公共事業のコスト縮減については、全てのプロセスをコストの観点から見直し、平成19年度までの5年間で総合コスト縮減率15%の達成を目標とした「コスト構造改革プログラム」等に基づき取り組みを進めてきました。

厳しい財政事情が続く中、今までの取り組みを継続する必要がある一方、行き過ぎたコスト縮減は品質の低下を招く恐れもあり、コストと品質の両面を重視した取り組みへの転換を図ることが重要です。こうした観点を踏まえ、本改善プログラムでは、直接的にコストの低減に資する施策に加え、品質の向上に資する施策等にも取り組み、平成24年度までの5年間で総合コスト改善率15%の達成を目標としています。

お問い合わせ先

大臣官房予算課 
担当者:公共予算編成班 前田、東野、三阪
代表:03-3502-8111(内線3165)
ダイヤルイン:03-3501-3717

農村振興局整備部設計課
担当者:積算基準班 米田、山崎(内線5569)
ダイヤルイン:03-3591-5798

林野庁森林整備部計画課
担当者:設計基準班 江坂、冨永(内線6147)
ダイヤルイン:03-3552-6882

水産庁漁港漁場整備部整備課
担当者:設計班 佐藤、野口(内線6880)
ダイヤルイン:03-6744-2390

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図