ホーム > 報道発表資料 > 平成22年産水田・畑作経営所得安定対策加入申請状況について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年8月20日

農林水産省

平成22年産水田・畑作経営所得安定対策加入申請状況について

平成22年産の水田・畑作経営所得安定対策加入申請状況がまとまりましたので、お知らせいたします。

なお、口蹄疫の発生に伴い、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県において、加入申請期限を8月31日まで延長しているため、数値は6月末時点の暫定値となっています。

 水田・畑作経営所得安定対策の概要

水田・畑作経営所得安定対策は、水田及び大規模畑作を中心に、土地利用型農業の担い手を支援するものとして、米、麦、大豆、てん菜、でん粉原料用ばれいしょを対象に実施しています。 

加入申請の状況

平成22年産における加入申請経営体数については、認定農業者76,411、集落営農組織5,404、合計81,815経営体となりました。

 

詳しい内容は、ホームページからご覧になれます。

http:/www.maff.go.jp/j/ninaite/n_antei/index.html 

お問い合わせ先

経営局経営政策課経営安定対策室
担当者:推進指導班 藤山、今井
代表:03-3502-8111(内線5138)
ダイヤルイン:03-3502-5601
FAX:03-3502-6007

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図