ホーム > 報道発表資料 > 集落営農の解散、脱退等に関する実態把握結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年8月20日

農林水産省

集落営農の解散、脱退等に関する実態把握結果について

農林水産省は、戸別所得補償制度モデル対策の実施に関連して、集落営農の解散、脱退、新たな組織化の動きについて聞き取りを行ない、その結果を6月30日現在でとりまとめました。

1 実態把握の趣旨・目的

本実態把握は、戸別所得補償制度モデル対策の実施に関連して、集落営農の解散、脱退、新たな組織化の動きを把握するため、地方農政局が市町村等の関係機関から聞き取った情報を集約したものです。 

2 調査結果の概要

 (1)集落営農の解散:29件

 (2)集落営農の新たな組織化:75件

 (3)集落営農からの脱退:75件

お問い合わせ先

経営局経営政策課
担当者:集落営農班 川崎、佐久間
代表:03-3502-8111(内線5134)
ダイヤルイン:03-6744-2143
FAX:03-3502-6007

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図