ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 平成24年度の農業者戸別所得補償制度の支払実績について


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年6月28日

農林水産省

平成24年度の農業者戸別所得補償制度の支払実績について

農林水産省は、平成24年度に実施した農業者戸別所得補償制度の全国の支払実績(平成25年4月末時点)を取りまとめました。

支払実績の概要

1  支払額

 平成24年度に実施した農業者戸別所得補償制度(平成25年度は経営所得安定対策)の支払額は5,603億円となりました。

内訳は、米の所得補償交付金が1,552億円、水田活用の所得補償交付金が2,223億円、畑作物の所得補償交付金が1,781億円、加算措置が47億円となっています。

 

 〇交付金別支払額

(単位:億円)

 

合計

米の所得補償交付金

水田活用
の所得補
償交付金

畑作物の
所得補償
交付金

加算

措置

 

内訳

規模拡大

 加 算

再生利用

緑肥輪作

加 算

(定額
    部分)

(変動
    
部分)

平成24年度 

5,603

1,552

-

2,223

1,781

47

43

1.2

2.3

平成23年度

5,366

1,533

-

2,218

1,578

36

34

0.6

1.8

対前年度比較

237

18

-

5

204

10

9

0.6

0.4

 2  支払対象者数

 平成24年度の支払対象者数は111万8千件で、米及び水田活用の所得補償交付金の支払対象者が減少したことに伴い、平成23年度に比べて3万2千件減少しました。
  交付金別の支払対象者数は、次のとおりです。
  (ア)米の所得補償交付金は98万1千件で、2万7千件の減少。
  (イ)水田活用の所得補償交付金は51万9千件で、2万1千件の減少。
  (ウ)畑作物の所得補償交付金は7万6千件で、2千件の増加。

 

〇交付金別支払対象者数

(単位:件)

 

支払
対象者数

米の
所得補償
交付金

水田活用の
所得補償
交付金

畑作物の
所得補償
交付金

 加算
 措置

平成24年度

1,118,436

980,601

518,853

76,180

11,389

平成23年度

1,150,159

1,008,018

539,741

74,610

8,454

対前年度比較

▲31,723

▲27,417

▲20,888

1,570

2,935

 

〇経営形態別支払対象者数

(単位:件、戸)

 

支払対象者数

経営形態別

個人

法人

集落営農

 

構成農家数

平成24年度  1,118,436 1,102,643 8,330 7,463 232,853
平成23年度 1,150,159 1,135,010 7,563 7,586 241,336
対前年度比較

▲31,723

▲32,367

767 ▲123 ▲8,483

 

 3  支払面積、数量

(1)米の所得補償交付金

支払面積は103万4千ha(10a控除前:113万4千ha)となり、平成23年度に比べて1万2千ha増加しました。

 

〇米の所得補償交付金の支払面積

(単位:ha)

 

支払面積

(参考)
10a控除前

主食用米関係指標

生産数量目標の
面積換算値

過剰作付面積

平成24年度 1,034,443 1,134,131 1,500,000 24,000
平成23年度 1,022,232 1,128,201 1,503,962 21,600
対前年度比較 12,211 5,930

▲3,962

2,400

 
作付面積規模別にみると、大規模層ほど加入率が高く、5ha以上層では9割以上が加入している一方、0.5ha未満層では4割が未加入でした。

 

 

〇米の所得補償交付金の作付面積規模別にみた加入率

 

合計

0.5ha
未満

0.5~
1ha

1~
2ha

2~
3ha

3~
5ha

5ha
以上

支払対象面積(万ha)

113.4

14.0

17.1

18.6

9.5

11.1

43.1 

水稲共済加入面積(万ha)

143.0

24.2

25.1

26.4

13.4

14.7

45.0 

加入率(%)

79.3

57.8

68.4

70.3

70.6

75.8

95.7

注1:支払対象面積は、支払対象者の作付面積(10a控除前)である。

 注2:水稲共済加入面積の合計は、飼料用米、米粉用米及び加工用米の面積を控除している。

 

〇米の所得補償交付金の作付面積規模別にみた支払対象者数と支払額

 

合計

0.5ha
未満

0.5~
1ha

1~
2ha

2~
3ha

3~
5ha

5ha
以上

支払対象者数(万件)

98.1

49.8

24.5

13.5

3.9

2.9

3.4

支払対象者数シェア(%)

100.0

50.7

25.0

13.8

4.0

3.0

3.5

支払額(億円)

1,552

136

220

259

136

163

638

支払額シェア(%)

100.0

8.8

14.2

16.7

8.8

10.5

41.1

 

 

(2)水田活用の所得補償交付金

 

支払面積は、作物ごとには増減があるものの、戦略作物全体では51万haと、平成23年度とほぼ同程度となっています。
作物別には、

  (ア)麦は、北海道や東北、関東地方等で、他作物へ転換したこと等により、4千ha減の16万6千haとなりました。
  (イ)大豆は、東北地方の日本海側や関東、北陸地方等で、他作物へ転換したこと等により、6千ha減の10万5千haとなりました。
  (ウ)飼料作物は、九州地方を中心に作付けが増加し、1千ha増の10万2千haとなりました。
  (エ)新規需要米(米粉用米、飼料用米、WCS用稲)は、全体では2千ha増加の6万6千haとなりましたが、米粉用米は減少しました。
  (オ)そばは、北海道や東北地方等の主産県を中心に作付けが増加し、2千ha増の3万7千haとなりました。
  (カ)なたねは、北海道、東北地方を中心に作付けが減少し、1百ha減の5百haとなりました。
  (キ)加工用米は、東北、関東、北陸地方で作付けが増加し、5千ha増の3万2千haとなりました。

 

 

 〇水田活用の所得補償交付金における戦略作物の支払面積

(ア)基幹作物+二毛作作物

(単位:ha)

 

大豆

飼料
作物

新規
需要米

内訳

米粉
用米

飼料
用米

WCS
用稲

平成24年度

165,955

105,338

102,239

66,097

6,372

34,316

25,410

平成23年度

169,665

111,069

100,881

63,877

7,263

33,758

22,856

対前年度比較

▲3,711
▲5,731
1,358
2,220
▲892
558
2,554

 

 

そば

なたね

加工
用米

合計

平成24年度

37,150

535

32,448

509,762

平成23年度

35,260

643

27,494

508,890

対前年度比較

1,890

▲108

4,953

873

 

(イ)基幹作物

(単位:ha)

 

大豆

飼料
作物

新規
需要米

内訳

米粉
用米

飼料
用米

WCS
用稲

平成24年度

96,397

81,234

73,523

66,097

6,372

34,316

25,410

平成23年度

101,274

85,081

74,598

63,850

7,263

33,757

22,829

対前年度比較

▲4,877

▲3,847

▲1,075

2,247

▲892

558

2,581

 

 

そば

なたね

加工
用米

合計

平成24年度

27,553

391

31,475

376,670

平成23年度

26,473

483

26,663

378,421

対前年度比較

1,081

▲92

4,812

▲1,751

 

 

(ウ)二毛作作物

(単位:ha)

 

大豆

飼料
作物

新規
需要米

内訳

米粉
用米

飼料
用米

WCS
用稲

平成24年度

69,558

24,104

28,716

0.1

0.1

平成23年度

68,393

25,988

26,284

27

27

対前年度比較

1,165

▲1,884

2,433

▲27

▲27

 

 

そば

なたね

加工
用米

合計

平成24年度

9,597

144

973

133,092

平成23年度

8,787

160

831

130,470

対前年度比較

809

▲16

142

2,622

 

(エ)耕畜連携助成

 

(単位:ha)

 

飼料用米の
わら利用

水田放牧

資源循環の
取組

合計

平成24年度

8,714

1,208

16,639

26,561

平成23年度

8,032

1,226

14,647

23,905

対前年度比較

681

▲18

1,992

2,656

 

(3)畑作物の所得補償交付金

支払数量は、対象作物の作柄が良かったこと等から、全体として平成23年度に比べて増加しており、作物別には、麦が91万9千トン(小麦82万5千トン、二条大麦4万4千トン、六条大麦3万9千トン、はだか麦1万1千トン)、大豆が19万8千トン、てん菜が365万トン、でん粉原料用ばれいしょが77万3千トン、そばが4万トン、なたねが1千6百トンとなりました。

 

〇畑作物の所得補償交付金の支払数量

(単位:トン)

 

内訳 

大豆

小麦

二条大麦

六条大麦

はだか麦

平成24年度

919,181

824,741

44,352

38,901

11,187

198,387

平成23年度

799,127

700,727

55,757

30,504

12,141

181,391

対前年度比較

120,054

124,014

▲11,404

8,397

▲953

16,995

 

  てん菜 でん粉原料用
ばれいしょ
そば なたね

合計

平成24年度

3,649,972

772,607

39,984

1,637

5,581,769

平成23年度

3,538,422

727,435

27,654

1,628 

5,275,658

対前年度比較

111,551

45,172

12,330

10

306,111

  

 

(4)加算措置

 支払実績は、平成23年度に比べて増加し、規模拡大加算が9,745件で21,564ha、再生利用加算が289件で564ha、緑肥輪作加算が1,355件で2,251haとなりました。

 

 〇加算措置の支払件数と支払面積

(単位:件、ha)

 

規模拡大加算

再生利用加算

緑肥輪作加算

支払件数

支払面積

支払件数

支払面積

支払件数

支払面積

平成24年度

9,745

21,564

289

564

1,355

2,251

平成23年度

7,102

16,937

190

278

1,162

1,818

対前年度比較

2,643

4,627

99

286

193

433

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

経営局経営政策課経営安定対策室
担当者:福田、窪山、古園
代表:03-3502-8111(内線3076)
ダイヤルイン:03-6744-1850

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図