ホーム > 報道発表資料 > 稲作農家に対する資金の円滑な融通、既貸付金の償還猶予等の関係機関に対する要請について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年10月20日

農林水産省

稲作農家に対する資金の円滑な融通、既貸付金の償還猶予等の関係機関に対する要請について

農林水産省は、本日、平成22年産米の品質劣化等の影響を受ける稲作農家に対する資金の円滑な融通や既貸付金の償還猶予等について、株式会社日本政策金融公庫等の関係機関に対して要請を行いました。 

1 概要

平成22年産米は、今夏の猛暑の影響により品質が劣化し、地域によっては一等米比率が大幅に低下し、概算金(仮渡金)の減額等と相まって、農業経営に必要な資金の調達に支障を来すことが懸念されています。このため、(1)相談窓口の設置、(2)経営の維持継続に必要な資金の円滑な融通、(3)既貸付金の償還猶予、(4)購買事業に係る代金の支払時期の弾力的な運用等の配慮について、関係機関に対して文書により要請するものです。

2 発出先

(株)日本政策金融公庫

沖縄振興開発金融公庫

農林中央金庫

全国農業協同組合連合会

全国農業協同組合中央会

独立行政法人農林漁業信用基金

全国農業信用基金協会協議会

都道府県

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

経営局金融調整課
担当者:経営金融班 毛利、土江
代表:03-3502-8111(内線5240)
ダイヤルイン:03-6744-2165
FAX:03-3502-8081

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図