ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 平成23年(2011)東北地方太平洋沖地震の被害と対応


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年3月30日

農林水産省

平成23年(2011)東北地方太平洋沖地震の被害と対応

※速報のため、数値等は今後も変わることがあります。

1.地震の概要(気象庁調べ)

(1)発生日時:平成23年3月11日(金曜日)14時46分頃

(2)震源:三陸沖(北緯38.1度、東経142.9度)

(3)深さ:約24km(暫定値)

(4)地震の規模:M9.0(暫定値)

(5)各地の震度

震度7 宮城県北部
震度6強 宮城県南部・中部、福島県中通り・浜通り、茨城県北部・南部、栃木県北部・南部
震度6弱 岩手県沿岸南部・内陸北部・内陸南部、 福島県会津、群馬県南部、埼玉県南部、千葉県北西部

(6)津波:津波の観測値(気象庁)

岩手釜石沖 最大波 11日15時12分 6.8m

宮古沖 最大波 11日15時12分 6.3m

気仙沼広田湾沖 最大波 11日15時14分 6.0m

※上記は沖合での観測値であり、沿岸では津波はさらに高くなる。

2.農林水産関係被害状況

※被害については、現時点で判明している分のみを記載しており、引き続き調査中である。(別添1参照)

(3月29日17時00分現在)

区分 主な被害 被害数 被害額(百万円) 主な被害地域
水産関係

漁船

別添2参照 調査中 岩手県、宮城県、福島県においては壊滅的な影響の模様。
これらに加え、北海道、青森県、茨城県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、三重県、和歌山県、徳島県、高知県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県から被害報告。
(さらに、富山県、石川県、静岡県、島根県の漁船が被災地で係留中に被害。)

漁港施設

別添2参照 調査中

養殖施設

別添2参照 調査中
農作物等

農作物の冠水、流失等、家畜の死亡等

調査中 調査中 青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、山梨県、長野県、新潟県

ハウス、畜舎等の損壊等

調査中 調査中
農地・
農業用施設
農地の損壊 1,373箇所 277,777 青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、長野県、三重県
農業用施設等の損壊 7,822箇所 172,761 青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、長野県、静岡県、新潟県、三重県
小計   9,245箇所 450,538  
林野関係 林地荒廃 209箇所 8,635 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、新潟県、長野県、静岡県、高知県
(別添3参照)
治山施設 48箇所 8,214
林道被害 883箇所 1,578
木材加工・流通施設等 326箇所 717
小計   1,466箇所 19,114  

   <参考>人的被害(警察庁30日10時00分現在)

死者:11,232人
行方不明:16,361人
負傷者:2,778人

3.農林水産省関係対応状況(3月29日17時00分時点)

(1)政府の主な対応

(2)農林水産省の主な対応

【本省の体制整備】

【被災地のサポート体制の整備】

【現地調査】

【食料等の確保関係】

【金融関係】

【農地・農業用施設関係】

【その他】

お問い合わせ先

経営局経営政策課災害総合対策室
担当者:真鍋室長、橋岡課長補佐
代表:03-3502-8111(内線5132)
ダイヤルイン:03-3502-6442
FAX:03-3502-6007

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図