ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 平成23年(2011)東北地方太平洋沖地震の被害と対応


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年4月1日

農林水産省

平成23年(2011)東北地方太平洋沖地震の被害と対応

※速報のため、数値等は今後も変わることがあります。

1.地震の概要(気象庁調べ)

(1)発生日時:平成23年3月11日(金曜日)14時46分頃

(2)震源:三陸沖(北緯38.1度、東経142.9度)

(3)深さ:約24km(暫定値)

(4)地震の規模:M9.0(暫定値)

(5)各地の震度

震度7 宮城県北部
震度6強 宮城県南部・中部、福島県中通り・浜通り、茨城県北部・南部、栃木県北部・南部
震度6弱 岩手県沿岸南部・内陸北部・内陸南部、福島県会津、群馬県南部、埼玉県南部、千葉県北西部

(6)津波:津波の観測値(気象庁)

岩手釜石沖 最大波 11日15時12分 6.8m

宮古沖 最大波 11日15時12分 6.3m

気仙沼広田湾沖 最大波 11日15時14分 6.0m

※上記は沖合での観測値であり、沿岸では津波はさらに高くなる。

2.農林水産関係被害状況

※被害については、現時点で判明している分のみを記載しており、引き続き調査中である。(別添1参照)

(3月31日17時00分現在)

区分 主な被害 被害数 被害額(億円) 主な被害地域
水産関係

漁船

別添2参照 別添2参照 岩手県、宮城県、福島県においては壊滅的な影響の模様。
これらに加え、北海道、青森県、茨城県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、三重県、和歌山県、徳島県、高知県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県から被害報告。
(さらに、富山県、石川県、静岡県、島根県の漁船が被災地で係留中に被害。)

漁港施設

別添2参照 別添2参照

養殖施設

別添2参照 別添2参照
農作物等

農作物の冠水、流失等、家畜の死亡等

  56 青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、山梨県、長野県、新潟県

ハウス、畜舎等の損壊等

  316
小計     373  
農地・
農業用施設
農地の損壊 1,373箇所 2,778 青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、長野県、静岡県、新潟県、三重県
農業用施設等の損壊 7,822箇所 1,728
小計   9,245箇所 4,505  
林野関係 林地荒廃 219箇所 89 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、新潟県、長野県、静岡県、高知県
(別添3参照)
治山施設 67箇所 170
林道施設等 976箇所 16
森林被害 (308ha) 3
木材加工・流通施設 67箇所 調査中
特用林産施設等 263箇所 7
小計   1,592箇所(308ha) 285  

<参考>人的被害(警察庁4月1日10時00分現在)

死者:11,578人
行方不明:16,451人
負傷者:2,873人

3.農林水産省関係対応状況(3月31日17時00分時点)

(1)政府の主な対応

(2)農林水産省の主な対応

【本省の体制整備】

【被災地のサポート体制の整備】

【現地調査】

【食料等の確保関係】

【金融関係】

【農地・農業用施設関係】

【その他】

 

(別添2)

平成23年3月31日(木曜日)17時現在
水産庁

【平成23年(2011)東北地方太平洋沖地震の被害状況】

 

漁船保険
加入隻数(隻)

被災漁船数(隻)
(県からの報告)

 北海道
(根釧、日振勝、道南)
16,293 703
 青森県 6,990 441
 岩手県 10,522 壊滅的被害(4市町村からの報告では現在のところ 4,014)
 宮城県 9,717

壊滅的被害(宮城県の報告では、登録漁船数13,570のうち12,011が被災)

 福島県 1,068 855
 茨城県 1,215 249
 千葉県 5,640 258
 その他   調査中

注:漁船保険加入隻数(登録漁船数の内数であり、実働動力漁船を最もく反映した数字)

  全漁港数 被災漁港数 被害報告額
北海道 282  20漁港 265百万円
青森県 92  17漁港  2,680百万円
岩手県 111  ほぼ全漁港で壊滅的な被害(これまで98漁港の被害を確認) 58,861百万円          
宮城県 142  ほぼ全漁港で壊滅的な被害(これまで11漁港の被害を確認) 調査中
福島県 10  全漁港で壊滅的な被害 調査中
茨城県 24  15漁港 40,889百万円
千葉県 69  10漁港  1,111百万円

注:被害報告額は、被災漁港のうち現時点で報告のあったもののみであり、今後も幅に増加する見込み。


(7道県の太平洋側)

  全市場数 被災状況(県からの報告)
 北海道(根釧、日振勝、道南) 52 被災10ヶ所程度(浸水、設備破損等)
 青森県 7 被災2~3ヶ所(浸水、設備破損等)
 岩手県 13 すべて被災大半は壊滅的被害。宮古・久慈・大船渡は建屋等が残存。
 宮城県 10 すべて被災いずれも壊滅的な被害と推測(詳細不明)
 福島県 12 すべて被災半壊4、建屋・機器の流出5、原発避難地区2
 茨城県 9 大半が被災全壊2、水没1、浸水3など
 千葉県 2 一部で被害

 

  加工場数(漁業センサス) 主な被災状況
 北海道 570 一部地域で被害
半壊2、浸水17
 青森県 119 八戸地区で被害
全壊2、半壊10、浸水32
 岩手県 178 大半が施設流出・損壊
全壊24、半壊2
 宮城県 439 半数以上が壊滅的被害
全壊282、破壊16、浸水10
 福島県 135 詳細不明
 茨城県 247 一部地域で被害
全壊9、半壊46、浸水16
 千葉県 420 一部地域で被害
全壊6、半壊12、浸水12

※ 被害数は水産加工団体からの聞き取り。

岩手県 水産施設等(6,757百万円)、漁船(7,000百万円)、漁具(5,230百万円)、養殖施設(5,424百万円)、水産物(6,736百万円)
総額31,147百万円の被害を報告。(漁港被害額を含まず)
宮城県 漁船(105,248百万円)、漁具(10,316百万円)、養殖施設(18,680百万円)、養殖水産物(33,100百万円)
総額167,344百万円の被害を報告。(漁港被害額を含まず)
福島県 十分な情報が入らない状況。


なお、各道県から聞き取りを行った被害状況は以下の通り。

1.養殖施設の被災状況

県名 被害状況
北海道 ・延べ29組合(ホタテ11組合、コンブ6組合、ワカメ1組合、カキ5組合、ウニ4組合、つぶ1組合、クロソイ1組合)、被害額166億円。
・噴火湾周辺ほぼ全域でホタテ養殖が壊滅的被害。厚岸などでカキ養殖筏が破損
青森県 ・4市町村(八戸市、むつ市、東通村、平内町)で養殖施設に被害。
岩手県 ・県内全域でワカメ、コンブ、ホタテガイ、カキ等の養殖施設が流失。被害額は大船渡市で54億円(他地区は調査中)。
宮城県 ・県内全域でノリ、ワカメ、コンブ、カキ、ホタテガイ、ホヤ、ギンザケ養殖施設が流失。施設被害額187億円、養殖物被害額331億円。
茨城県 ・調査中
千葉県 ・ノリ養殖施設などに被害多数。詳細は調査中。
神奈川県 ・三浦半島周辺のワカメ養殖施設に被害。詳細は調査中。
三重県 ・鳥羽市~志摩市~南伊勢町、紀北町等の魚類養殖(マダイ、マグロ等)、カキ養殖、ノリ類養殖、真珠養殖に被害。養殖施設及び養殖物被害額の合計は、37.2億円。
和歌山県 ・串本町を中心クロマグロ、カワハギ、マダイ等の養殖施設で被害。施設被害81百万円。
徳島県 ・鳴門市、小松島市、阿南市、海陽町のワカメ養殖、魚類養殖(カンパチ、ハマチ、シマアジ等)で被害。施設被害17百万円、養殖物被害額502百万円。
高知県 ・須崎市の魚類養殖(カンパチ、マダイ等)、四万十市のアオノリ養殖で被害。詳細は調査中。
大分県 ・佐伯市の魚類養殖施設及び貝類養殖施設合計6経営体で被害。施設被害38百万円。
宮崎県 ・延岡市の養殖施設(ハマチ、アジ、オオニベ、アワビ、ホヤ)に被害。
沖縄県 ・宮古市のもずく養殖施設に被害。施設被害4百万円、養殖物被害額30百万円。

注:他の記載のない県は現在情報収集中。

2.その他施設
荷さばき所、給油施設、水産物鮮度保持施設、漁業用保管施設、さけふ化場等の施設に甚大な被害があるが、詳細は調査中。

(別添3)

林野関係被害

被害状況(3月31日17時00分現在)

(1)被害額

(単位:被害額百万円)

区分 民有 国有林 合計
箇所数 金額 箇所数 金額 箇所数 金額
林地荒廃

212

8,270

7

590

219

8,860

治山施設

66

16,922

1

130

67

17,052

林道施設等

883

1,578

93

26

976

1,604

(面積ha)
森林被害

(308)

 

(-)

 

(308)

 

 

263

 

 

263

木材加工・流通施設

67

調査中

67

調査中

特用林産施設等

263

717

263

717

(面積ha)
合計

(308)

 

(-)

 

(308)

 

1,491

27,750

101

746

1,592

28,496

注:被害箇所、被害金額については調査中。

:林道施設等は、山村環境施設が含まれる。

:特用林産施設等は、苗畑施設・林構施設(木材加工・流通施設を除く)が含まれる。

:四捨五入のため合計額の数値が一致しない場合がある。

 

(2)主な被災県

宮城県、茨城県、福島県、岩手県、長野県、栃木県、青森県、新潟県、群馬県、山形県等

(3)人的被害等(山地災害に係るもののみ計上)

県名 死者 行方不明 全壊家屋 半壊家屋
福島県

2

1

栃木県

6

1

岩手県

1

新潟県

1

1

静岡県

1

 

災害の対応等

1 地震の概要 (気象庁調べ)

(1)発生日時:平成23年3月11日(金曜日)14時46分頃
(2)震源:三陸沖 (北緯38.0度、東経142.9)
(3)深さ:約24キロメートル(暫定値)
(4)規模:M9.0(暫定値)

2 被害状況

(1)人的被害(緊急対策本部(官邸)31日 15時00分発表)

死者11,438名 行方不明者16,541名

うち 岩手県 死者3,370名 行方不明者4,562名

宮城県 死者6,959名 行方不明者7,177名

福島県 死者1,049名 行方不明者4,798名

(2)治山関係被害(31日17時00分現在、調査中)

12県で286箇所 被害額25,912百万円の山地災害が発生

注:岩手県の県北以外及び福島県の原子力発電所事故の影響範囲における海岸部の現地調査は未着手

(3)林道施設等被害(31日17時00分現在、調査中)

9県で976箇所、被害額1,604百万円の林道災害が発生

(4)森林被害(31日17時00分現在、調査中)

3県で308ヘクタール、被害額263百万円の森林被害が発生

3 対応状況

(別添4)

農林水産省の災害応急対策

  1. 農林水産業、関連産業に係る被害及び対応状況に関する更なる情報の収集、報告等(都道府県等関係機関を通じて情報を収集)
  2. 応急用食料、水(ペットボトル)、木炭・煉炭などの調達・供給対策(業界団体への要請等)
  3. 被災した農業用ダム、ため池、集落排水施設、山林、漁港など農林水産関係施設等の応急復旧及び二次災害防止対策(専門技術者を派遣し、安全点検、応急対策等を支援)
  4. 災害救助犬等、海外からの支援物資等の円滑な受入れ(動物検疫等における緊急的な対応)
  5. 漁業取締船等による被害状況の把握、救助、支援物資の輸送

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

経営局経営政策課災害総合対策室
担当者:真鍋、橋岡
代表:03-3502-8111(内線5132)
ダイヤルイン:03-3502-6442
FAX:03-3502-6007

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図