このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

フランスの農業高校指導者による日本の農業高校訪問について

  • 印刷
平成30年10月23日
農林水産省
この度、フランスの農業高校指導者5名が、我が国の次世代の農業経営者育成を担う農業高校2校を訪問することとなりました。

1.概要

平成28年12月に開催された「第2回日仏農政ワーキンググループ」において、日本とフランスは、若手農業者の新規参入の促進について、日仏相互の協力を推進していくことを合意しました。 これを踏まえ、昨年度は、日本の農業高校指導者5名がフランスを訪問し、現地の農業や農業教育の現状等を学んだところです。
そして、今年度は、フランスの農業高校指導者5名が兵庫県立農業高等学校、都立農産高等学校等を訪問することで、今後の日仏農業高校間の具体的な交流・連携を促進し、我が国の次世代の農業営者育成につなげていきます。

2.フランスの農業高校指導者について

フランスの農業高校指導者は以下の5名です(敬称略)。
・Mohammed AARABI(サンジェルマン・アン・レ農業高校・校長)
・Franck COPIN(シャルトル農業高校・成人実習教育センター所長)
・Emmanuel COURTAUD (ロシュフォール・モンターニュ農業高校・校長)
・Magali DALOZ(フリックスブルグ農業高校・教員)
・Joris DEVILLE(フォンテーヌ農業高校・教員)

3.日程及び場所

(1)兵庫県立農業高等学校への訪問
日程:平成30年10月30日(火曜日)8時50分~16時30分
所在地:兵庫県加古川市平岡町新在家902-4
内容:学校概要説明、授業・学校農場見学、生徒によるプロジェクト発表、教員・生徒との意見交換等
(2)東京都立農産高等学校への訪問
日程:平成30年11月2日(金曜日)11時~16時30分
所在地:東京都葛飾区西亀有1-28-1
内容:学校概要説明、授業・学校農場見学、生徒によるプロジェクト発表、教員・生徒との意見交換等
(3)その他
上記の農業高校訪問のほか、農業経営体への訪問や農林水産省・文部科学省との意見交換を予定しています。

4.報道関係者の皆様へ

兵庫県立農業高等学校及び都立農産高等学校への訪問については、取材及びカメラ撮影が可能です。取材を希望される報道関係者の方は、兵庫県立農業高等学校に関する取材については10月29日(月曜日)12時00分までに、都立農産高等学校に関する取材については11月1日(木曜日)12時00分までに、以下の「お問合せ先」まで御連絡ください。

お問合せ先

経営局就農・女性課(農業教育G)

担当者:三浦、大澤、後藤
代表:03-3502-8111(内線5196)
ダイヤルイン:03-6744-2160
FAX番号:03-3593-2612