ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「アジア太平洋地域におけるフードバリューチェーン構築に向けた冷凍・冷蔵技術に関する国際会議」の開催及び一般傍聴について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年9月25日

農林水産省

「アジア太平洋地域におけるフードバリューチェーン構築に向けた冷凍・冷蔵技術に関する国際会議」の開催及び一般傍聴について

農林水産省は、APEC及び鹿児島県の協力を得て、平成27年10月28日(水曜日)及び29日(木曜日)、鹿児島県において、「アジア太平洋地域におけるフードバリューチェーン構築に向けた冷凍・冷蔵技術に関する国際会議」を開催します。

本会議は公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみとします。

1.開催概要

農林水産省は、海外におけるフードバリューチェーン構築に向けて、我が国の持つ農水産物・食品に関する優れた冷凍・冷蔵技術やこれら技術の効率的な運用ノウハウの紹介などを行うため、APEC(注1)参加国・地域の官民担当者等を招聘し、「アジア太平洋地域におけるフードバリューチェーン構築に向けた冷凍・冷蔵技術に関する国際会議」を開催します。

本会議では、名古屋学院大学秋元浩一教授、千葉大学大学院椎名武夫教授が基調講演を行います。また、会議開催中は、日本企業の冷凍・冷蔵技術、鮮度保持関連商品の展示及びビジネスマッチングを実施する予定です。

なお、本会議の結果概要は、APIP on Food Security(注2)のホームページで公表します。

 

http://www.apip-apec.com/

 

注1  APEC : Asia-Pacific Economic Cooperation

注2  APIP on Food Security: Asia-Pacific Information Plat form on Food

Security

2.使用言語

英語・日本語(同時通訳付)

3.開催日時及び場所

日時:平成27年10月28日(水曜日)10時00分~17時00分(予定)

 平成27年10月29日(木曜日)10時00分~17時00分(予定)

会場:城山観光ホテル 2階 ロイヤルガーデン

所在地:鹿児島県 鹿児島市 新照院町41-1

4.主な議題等(予定)

5.傍聴可能人数

傍聴可能人数は20名程度(傍聴希望者多数の場合は、先着順とさせていただきます。)

6.傍聴申込要領

(1) 申込方法

傍聴を希望される方は、日通旅行株式会社(会議の事務局)宛てにE-mailにて、「冷凍・冷蔵技術に関する国際会議」の傍聴を希望する旨、御氏名(フリガナ)、御連絡先(電話番号、電子メールアドレス、FAX番号等)、勤務先・所属団体等を明記の上、お申込みください。なお、電話でのお申込みは御遠慮願います。

<E-mailによるお申込先>

ta-oomura@nittsu.co.jp又はa-honna@nittsu.co.jp

通訳を同伴される方、車椅子の方、盲導犬、聴導犬または介助犬をお連れの方、手話通訳等を希望される方は、その旨をお書き添えください。また、介助の方がいらっしゃる場合は、その方のお名前も併せてお書き添えください。

複数名お申込みの場合も、お一人ずつの記載事項をお書きください。

(2) 申込締切

平成27年10月15日(木曜日)17時00分必着

傍聴の可否につきましては、日通旅行株式会社から、10月19日(月曜日)17時00分までに、御連絡します。

(3) 傍聴する場合の留意事項

傍聴される方は、入館時に受付で身分証明書を提示していただきます。

傍聴に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらを守れない場合は、傍聴をお断りすることがあります。

(ア)事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。

(イ)携帯電話等の電源は必ず切って傍聴すること。

(ウ)傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと。

(エ)銃砲刀剣類その他危険なものを会場に持ち込まないこと。

(オ)その他、事務局職員の指示に従うこと。

7.報道機関の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方には、別途席を御用意いたしますが、資料準備等の関係がございますので、E-mailにより、平成27年10月15日(木曜日)17時00分までに、上記「6.傍聴申込要領」と同様にお申込みください。その場合は、報道関係者である旨を必ず明記してください。

また、会議当日は受付で記者証等の身分証を御提示いただきますので、あらかじめ御承知願います。

8.その他

APEC(アジア太平洋経済協力)は、アジア太平洋地域の持続可能な発展を目的とする地域協力の枠組みで、地域の自由貿易拡大、経済・技術協力、人材開発などを推進する国際フォーラム。1989年の設立時には、日本・アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・韓国・タイ・インドネシア・マレーシア・フィリピン・シンガポール・ブルネイが参加。その後、中国・台湾・香港(ホンコン)・メキシコ・パプアニューギニア・チリ・ロシア・ペルー・ベトナムが参加した。なお、APEC では参加した国や地域をメンバーエコノミーと称している。



お問い合わせ先

大臣官房国際部国際経済課貿易関税チーム
担当者:青山、古川
代表:03-3502-8111(内線3501)
ダイヤルイン:03-6738-6156
FAX:03-3502-0735

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図