このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

農林水産大臣とロシア連邦農業大臣による「農業及び水産分野における協力の強化に関する日本国農林水産省とロシア連邦農業省との間の覚書」への署名について

  • 印刷
平成28年12月16日
農林水産省
農林水産省とロシア連邦農業省は、平成281216日(金曜日)に東京において、「農業及び水産分野における協力の強化に関する日本国農林水産省とロシア連邦農業省との間の覚書」に署名しました。

1.概要

山本農林水産大臣とトカチョフ・ロシア連邦農業大臣は、15日からのロシア・プーチン大統領の訪日に際し、「農業及び水産分野における協力の強化に関する日本国農林水産省とロシア連邦農業省との間の覚書」に署名しました。
当覚書は、安倍総理が提案した8項目の「協力プラン」を踏まえ、農業及び水産分野における二国間協力を強化・拡大することを内容としたものです。

2.覚書の概要

1.農業関係次官級の対話を実施。

2.この枠組の下で、以下の取組を通じて,極東等におけるプロジェクトの検討を継続し,特定するとともに,その実施を支援。

(1) 農業及び水産分野におけるセミナー及びイベントの開催

(2) 日露両国の企業が参加するビジネス・ミッションの派遣

(3) 農業及び水産分野における協力の様々な側面に関する情報交換

(4) 農産物及び水産物の相互貿易拡大のための取組、専門家による協議の開催等

 

お問合せ先

大臣官房国際部国際地域課

担当者:長井、奥山
代表:03-3502-8111(内線3475)
ダイヤルイン:03-3501-3731
FAX番号:03-5511-8773