このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

豪州北部準州との日本の技術等を活用した北部準州開発に関する協力覚書への署名について

  • 印刷
平成29年 1月13日
農林水産省
農林水産省は、平成29年1月13日(金曜日)に、豪州シドニーにおいて、豪州北部準州との間で、日本の技術等を活用した北部準州開発に関する協力覚書への署名を行いました。

1.概要

  現在、我が国は、世界の食市場が急速に拡大する中で、産学官連携で日本の「強み」を活かした農業生産から製造・加工、流通、消費に至る各段階の付加価値をつなぐ国際的なフードバリューチェーンの構築を推進しているところです。

  この一環として、この度、農林水産省と豪州北部準州第一次産業・資源省との間で、両者の東南アジア市場等への輸出を拡大していくことを目指し、日本の技術等を活用した北部準州におけるコールドチェーンの整備等を目的とした協力覚書の締結について合意し、池渕雅和審議官とAlister Trier第一次産業・資源省次官が署名を行いました。

  今後、この協力覚書に基づき、北部準州側と協力に関する基本計画の策定等を進めていく予定です。

2.覚書の概要

1. 農林水産省及び北部準州第一次産業・資源省は、季節が正反対の関係にある日本と北部準州の協力により、東南アジア市場等への輸出拡大を実現するため、北部準州において、日本の技術等を活用してコールドチェーンやインフラを更に整備していくことが必要であるとの認識で一致。

2. このため、両者は共同して基本計画(master plan)を策定し、今後、同計画に基づき、次に掲げるものを始めとした短期的、中期的及び長期的な事業を検討する。
(1)  短期的事業
・  農水産分野に係る事業(大豆、バラマンディ及びアスパラガス等)
(2)  中期的事業
・  農水産業に関する研究事業
・  食品加工特区等の設置
(3)  長期的事業
・  日本企業が北部準州を含めた北部豪州に対して、東南アジア市場等向けの食料を生産するため積極的な投資を行うようになることを構想

お問合せ先

大臣官房国際部国際地域課

担当者:平野、大橋、大西
代表:03-3502-8111(内線3474)
ダイヤルイン:03-3502-8089
FAX番号:03-5511-8773