このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

細田農林水産大臣政務官の海外出張の概要について

  • 印刷
平成29年7月13日
農林水産省

細田農林水産大臣政務官は、平成29年7月5日(水曜日)から12日(水曜日)までの間、ブラジル及びパラグアイに出張し、第3回日伯農業・食料対話及びサンパウロ日本祭りに出席したほか、政府要人との会談及び日系団体や日系企業との交流・意見交換を行いました。

1.日程及び場所

日程:平成29年7月5日(水曜日)から12日(水曜日)まで
場所:ブラジル及びパラグアイ

2.第3回日伯農業・食料対話

ブラジルにおける穀物輸送インフラや投資・ビジネス環境の改善、ブラジル日本商工会議所とブラジル農牧研究公社との産学連携等について議論を行いました。
また、ブラジルで投資や事業を展開していくに当たっての日系企業の要望を取りまとめ、ブラジル側代表に提案書を手交しました。
対話終了後には、日本食及び日系企業PRのレセプションを行い、「日本食普及の親善大使」である小池シェフ監修による和牛料理、米どころ新潟のお米を使用した寿司や日本酒、東日本大震災復興支援の観点から福島県の日本酒等を振る舞いました。

3.サンパウロ日本祭り

今年、第20回の節目を迎えるサンパウロ日本祭りにおいて、開会式及び農林水産省ブースで挨拶を行いました。

4.政府要人との会談

マッジ・ブラジル農務大臣、オディウソン・ブラジル農務次官、バルハ・パラグアイ農牧大臣及びカベージョ・パラグアイ筆頭外務次官とバイ会談を行い、ブラジルに対しては福島県産食品の輸入規制撤廃要請を行ったほか、二国間の農業・食料分野の協力、農産物等の貿易等についてそれぞれ幅広い意見交換を行い、2025年大阪万博誘致に向けて支持要請を行いました。

5.現地日系人との懇談

サンパウロにおいて開拓先没者慰霊碑への献花、日本館・移民史料館の視察を行うとともに、ブラジル及びパラグアイの日系人団体と現地の日系人社会の現状や課題について意見交換を行いました。

6.現地企業等との意見交換等

ブラジル及びパラグアイの日系企業と今後の事業展開に当たっての課題等について意見交換を行いました。また、パラグアイにおいては、日系農協、日系農家、日系企業を視察し、意見交換を行いました。

7.参考

平成29年7月4日プレスリリース「細田農林水産大臣政務官の海外出張について」
http://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/chiiki/170704.html

<添付資料>
日本側からブラジル側への提案書(日本語)(PDF : 138KB)
日本側からブラジル側への提案書(ポルトガル語)(PDF : 101KB)

ブラジル日本商工会議所とブラジル農牧研究公社との連携体制の構築について(日本語)(PDF : 59KB)
ブラジル日本商工会議所とブラジル農牧研究公社との連携体制の構築について(ポルトガル語)(PDF : 22KB)

お問合せ先

(出張全般、第3回日伯農業・食料対話関係)
大臣官房国際部国際地域課
担当者:植杉、高野、八木橋
代表:03-3502-8111(内線3476)
ダイヤルイン:03-3502-5930
FAX番号:03-5511-8773

(サンパウロ日本祭り関係)
食料産業局食文化・市場開拓課
担当者:嶋根、宮﨑、濱岡
 代表:03-3502-8111(内線4067)
ダイヤルイン:03-6744-2012
 FAX番号:03-6744-2013

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader